忍者ブログ
2008.06.04設置 おバカ家族の脱力な日常

* admin *  * write *  * res *
[693]  [692]  [691]  [690]  [689]  [688]  [687]  [686]  [685]  [684]  [683
<<05 * 06/1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  *  07>>
マイダーリンが言いました。「3月10日は何の日かわかる?」
はいはい、と思いつつ答えてあげました。
「東京大空襲の日、と言いたいところだが、聖子ちゃんの誕生日!」
マイダーリン「何で知ってる!?」
わっはっは、80年代アイドル時代をなめんなよ。
しかし、マイダーリン、いつにも増してくだらんかった…。

3月11日は、ちょうど長男坊の保護者会の日で、面談が終わってグラウンドを眺めていた時に放送が入りました。
そうです、東北の地震が起こった時間でした。
その場で黙とうをしたのですが、その時間の静かなこと。
あれだけの人数がいたのに、何も物音がしませんでした。
目をつぶっていたので黙とう中の周囲の様子はわかりませんでしたが、少なくとも目をつぶる前に見たグラウンドの光景は、全ての部活の生徒たちがその場に立ち止まり、野球部はちゃんと帽子を取って胸に捧げて、校舎の方に向かってきちんと立っていました。
その中に面談が終わったばかりの長男坊がいたかどうかわかりませんが、なかなか良い光景でした。
この中学の子たちは、用事で訪れるといつも「こんにちは」とあいさつをしてくれます。
あまりにもすれ違う皆があいさつをしてくれるので、いつもあちこちにあいさつを返しながら歩くのです。気持ちいいけど大変(笑)。
いつかすべて復興して、そんなことがあったんだ、と言われるくらいになってくれればいいなと思います。


続きから、コメントへの返信です。
一部、一時的に非公開コメントが公開されておりまして、失礼いたしました。
管理者だけ公開のコメントに返信をつけると同じく非公開なうえに、表示させようとすると公開になってしまうことに気付くまでそのままでした。今は非公開に直しまして、改めて管理人のコメントだけ以下に表示しておきます。
というわけで、お心当たりの方、続きからどうぞ。




+ + + + + + + + + +


3月6日、たまちさま
コメント公開、大変失礼いたしました。
必要ないかもしれませんが改めて私のコメントだけこちらに表示しておきます。

たまちさまも同士ですか!
雛人形と一緒にあるお道具は見てると楽しいんですけどねぇ。
人形って、魂こもってそうなところが怖いですよね。市松人形…怖い(笑)。
実家の母は、もったいないのでと私の雛人形出しているそうですが、三人官女付きのケースなので、出し入れはさほど大変ではないようです。将来どうしたらいいんだろうと今から悩んでおります。簡単には捨てられないし。
別に何かを信じているわけではないのですが、なんとなく恐いと思ってしまうのでした。
コメントありがとうございました。以後気を付けます。


3月10日、紀子ママさま
伊賀饅頭、反響があるとは嬉しい限りです。
しかも手作り!そりゃすごい!
私も嫁に来る前にマイダーリンを通じて知りましたが、おいしくて今は欠かさず買っています。ええ、手作りしようなんて、そんな(笑)。
ちなみに三河地方の住人は、全国にあるものだと思ってますw
人形、西洋人形もあれこれ結構怖いですよね。
そして人形って、捨てるの勇気いりますよね。母なんて今から私の雛人形どう処分しようか考えてますから~。
楳図かずお…見た覚えはないのですが怖そう!
コメントありがとうございました。

拍手[1回]

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

管理人のみ閲覧可能にする    
カレンダー
最新コメント
[06/03 ソウ@管理人]
[01/21 たまち]
[12/28 ソウ@管理人]
[12/11 ソウ@管理人]
[12/04 ソウ@管理人]
プロフィール
HN:
ソウ
性別:
女性
職業:
看護師
自己紹介:
マイダーリン(ちょっとおバカなだんな)、5歳違いの息子二人(長男坊・次男坊と称す)との4人家族の働く母。
プライベートと仕事のときの人格評価が真っ二つ。
チビでメガネ。
バーコード
ブログ内検索
フリーエリア
カウンター
アクセス解析
忍者アナライズ
powered by NINJA TOOLS // appeal: 忍者ブログ / [PR]

template by ゆきぱんだ  //  Copyright: 雪月野原日記 All Rights Reserved