忍者ブログ
2008.06.04設置 おバカ家族の脱力な日常

* admin *  * write *

[1]  [2]  [3]  [4]  [5
<<10 * 11/2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  *  12>>
一週間に一度整形外科に行ってレントゲンで骨折の治り具合を見ていますが、剥離骨折はそう簡単にくっついてくれません。何せ離れちゃってるからね。浮遊していないだけましってもんです。
今はシーネ固定です。そのうちバンテージ固定にしてくれるらしいですが、今ぶつけたりして再度再生されつつある部分に何かあれば最初から~となりかねないので、慎重に歩いてはおります。
真夏じゃなくてよかったんですが、クロックスしか履けないので不便です。仕事中はナースサンダルのベルトを二カ所外して使っております。ナースシューズは履けません…。

日曜はワンコのしつけ教室です。ちなみに8か月から12か月の仔限定なのです。
三組ずつなのですが、あと二組はゴールデンレトリーバーちゃんと赤柴くんです。それぞれ悩みはあって、ゴールデンちゃんはいつもとてもご機嫌で、ご機嫌すぎてはしゃぎすぎて収拾がつかない感じ。めちゃかわいい!行くと触らせてもらいます。赤柴くんはどっしりとしていて同じ月例とは思えないくらいの貫禄です。その赤柴くんもツンデレ。触ってもいいけど?という感じで、触らせてもらいます。マイルールが家族を困らせているようです。柴はそんなもんだよねー。
うちのはホント怖がり(笑)。いつも私の足元で後ろからのぞく感じで他を観察しています。
しつけ教室の成果は少しずつです。やはり飼い主がしっかりしないとだめですね。家族内でルールを統一しないとワンコが混乱するようです。当たり前かもしれませんが、結構好き勝手に皆がそれぞれ相手しているうちに指示語もばらばらになりますしね。頑張ります。

さて、久々に映画を観に行きました。
ここのところ本当に暇がなかったのですが、久々の平日何もない休みでしたので、会員登録継続もせねばと。
『22年目の告白ー私が殺人犯ですー』は、久々にマイダーリンと観に行きました。
私の感想を一言で言うと、トラウマになりそうな映画、とでも申しましょうか。
その理由のネタバレ有り感想は、続きから。
長いです。興味のある方がお時間のある時にどうぞ。



拍手[3回]

PR
年の瀬です、こんにちは。
昨日久しぶりにマイダーリンと映画に行きました。普段は趣味が合わなかったり、休日が合わなかったりでたいてい一人で行くのです。スターウォーズシリーズは、マイダーリンは観に行ったようですが、私観たことないんですよね。あまりにも過去作がいろいろ出ていて、既に諦めております。
今回のバイオハザードシリーズはずっと観てきたので、発表があってからずっと観に行くぞーと心待ちにしておりました。
面白かったです。もちろん一作目に比べればアンデッドの精度が上がり、見た目にも凝ってまいりました。シリーズの最後にふさわしいアクションとCGだったと思います。

続きから思いっきりネタバレ(ただし、細かいところは省く)です。長いです。

あ、今日のワンコ。
まだようやくワクチンが終わったところで外へも連れていく回数も少なく、ケージの中状態の写真ですが。
結構大きくなりました。一ヶ月で2キログラムも増えて、移動で抱っこするのも重くなってきました。でも柴の平均体重は10キログラムなので、まだまだ大きくなりますね。






拍手[3回]

映画自体は長男坊の三者面談の前に観に行ってきました。
こういうときでもないと観に行く機会がなくて。

長男坊の三者面談自体は、可もなく不可もなく。100点満点中という点数表示なのでいまいちわかりにくいですが、ごく普通。普通すぎて、このままでは県内では進学先がない、とまで言われる羽目に。
うん、そうだろうねぇ。
まだまだ本人ものんびりしていて、将来のことはまだ何にもイメージできていない様子。どこにどんな大学があるかさえ多分わかっていないので、とりあえず文系、としか(本当は理系に行きたかった様子ですが、成績足りなかったのですw)。
先生からすれば国公立大進学を希望するのは当たり前な世界。就職なんて学年にニ、三人とか。
受験時にはまた頭が痛くなりそうです。
あ、そう言えば今回は校内に案内が貼ってあり、校内で迷子にならずに済みました!ああ、よかった!もしかしたら前回の私と同じように迷子になった人が大勢いたとか?

次男坊はあれから元気に学校へ通っていました。
昨日は終業式でしたので、今日から冬休み。
通知表は可もなく不可もなく。小学校も五段階評価とかではないのでこちらもわかりにくいです。
こっちも苦労しそうだな(笑)。

ワンコは今日も元気です。
最初にゲリピーだったのが信じられないくらい、モリモリとフード食べて、すくすくと大きくなっています。
その代わり、私の手はひっかき傷でいっぱいです。まだ甘噛みでやられたり、爪でうっかりやられたりと生傷が絶えませんが、しつけに頑張っております。これでも日々進化しているのです。
とりあえずかわいいのは間違いないです。

続きから、映画ネタバレ感想に。
とは言っても原作ありきなので、あまりネタバレではないかも。
一言で言うと、上下巻と長いこの物語を二時間に縮めたダイジェスト版、という感じでした。
そういうわけで、できれば原作読んだ方がいいな、という感じです。



拍手[3回]

梅雨に入り、激しい雨が降ったり、蒸し暑くなったりしてきましたね。
夏は苦手なので私にとっては辛い季節です。
何せ仕事場は快適すぎて、暑さの鍛錬が圧倒的に足りないわけで。
正直あまり汗をかかないので、たまに汗をかくとじっとりした嫌な汗をかく羽目になります。
気をつけなければいけませんね。

朝はどしゃ降りでしたが、皆が登校し終わった頃に雨もやみ、歩いて次男坊の授業参観に行った後、時間があったので早速ロクヨンの後編を観てきました。
続きから、ネタバレありで感想を。
まだ公開直後なので、原作も読まず、ネタバレダメな人は注意。
長いから時間のある時にどうぞ。



拍手[3回]

ようやく念願の高台家です。
原作の森本さんの漫画は、他のも面白いのですが、高台家ではそのぶっ飛んだ笑いを惜しみなく発揮してくれています。現在他に連載中のアシガールも面白いです。
最初はこれを映画に?と思いましたが、キャストでよし、観に行こうと思ったのでした。
私、綾瀬はるか好きなのです。あの天然なところ、木絵にぴったり。ただ、原作の木絵よりずいぶんとかわいらしいのですが(原作の木絵は普通のOL。そりゃもう絵柄も地味)、それはまあ目をつぶるとして。
あ、前評判は高くありません。やはりキャストが皆の想像とは違ったのでしょう。でも私、綾瀬がイタイとか言われても今回は気になりません。
だって、相手役の光正さんなんて、斎藤工ですからね。フェロモン出しすぎでしょう。それほど好き!と言える役者さんではありませんが、とりあえず光正さん並に王子様仮想似合いそうなので、と思ったのです。
あとは家族。観てみないと…と思いましたので、ネタバレありで続きから。




拍手[5回]

久々に映画を観に行きました。
本当は『高台家の人々』を観に行こうかと思っていたのですが、マイダーリンが突然俺も明日有休だ!と言って帰ってきたので、お互い観ようかと思っていた『64』を観に行くことにしたのでした。
私は原作を読んでいるので、ほぼ内容を把握しておりますが、マイダーリンは全く知らないので、観方が随分と違うのでした。
高台家は来週、暇を見つけて行こうかと思います。原作が好きなのです。映画だとどんな感じになるのか(特に木絵の妄想が)気になります。原作者の方の漫画、多分ほとんど読んでます。一部は持っているのですが(『研修医ななこ』とか『ごくせん』とか)、あとは立ち読みand電子書籍で。
逆に原作も読んだ『植物図鑑』は、映画にしなくても、と思っているので観に行かないと思います。
叩かれると思うけど、主役の男の子が好みではないのです。笑顔が胡散臭い…とか思ってしまった時点で観る資格なしのような気がします。いや、イケメンだと思うのです。私の好みじゃないだけですので、ファンの方すみません。あほなことを言う女がと思ってくださればいいです。

では続きから、ネタバレありで感想を。




拍手[5回]

MOZUやっと見に行けました。終わってしまうかと思いましたよ。
ドラマをずっと見ていたので、気になっていたのです。
そう言えば予告を見ていたら、信長協奏曲が来年1月公開でした。そういや途中だったな、あれ。
一番最初に『1582年 本能寺の変』と出たので、本能寺の変♪とつい歌ってしまいそうに(例のあれです)。
うーん、観に行くべきか…。余裕があったらにしよう。
本当は『ハンガーゲーム』のラストを観たかったのですが、いつも行くところではやらないんだよね。結局2はDVDで観ました。
3も原作通りなら、それはそれで面白いのかもと思っているのですが。
どうでしょうかね。

おっと、MOZUですね。
劇場版はR12ということで、確かにドラマの時にもかなり血みどろのシーンも多く、正直うえ~と思うシーンもあったのです。
今回もそれなりに血みどろになります。主に主役が(笑)。
今回はダルマの正体について。
ダルマ自体はビートたけしが演じるということでネタバレされておりましたが、それがどのような人物なのか、についてはやはり観ないとわかりません。
ですが、ネタバレでよろしければ続きから、どうぞ。
今回は役名になじみのない人物は役者さんの名前なので、混同したらごめんなさい。
相変わらずいろいろ書きすぎて長いです。



拍手[2回]

タイトル通り、今日は続編と聞いたときから待っていた図書館戦争続編映画の初日でした。
いつ行こうかなと思いつつ、一緒に観に行ってくれる方が現れて、それなら初日に行こう!となりました。
のののさま、ありがとう!
初めて会うのでわからなかったらどうしようと思いつつ、あの人に違いないと確信した瞬間にここです!みたいな大振りで呼び寄せた私。
パンフレットも買って、匂い付きと聞いていたので、とりあえず早速開いてそこだけ確認する私。
いきなり開いて匂いを嗅ぎ始めたら…変な人ですよね(笑)。すみません、確認したかったんです。
映画を観てから、少しお茶をして、興奮してしゃべりまくりました。最初なんてはじめましての挨拶もそこそこに、しかも帰るときはあれこれ言うと帰りがたくなってしまうので、じゃあ!みたいな感じであっさりとお別れした私。
私に比して落ち着いた方だったので、引かれていなかったかとちょっとプチ反省会を催しました。
楽しかったです。楽しかったのです。大事なことなので二回言いました。
また機会があったらお会いしましょう!

そう言えば、私、前作図書館戦争映画を観終わった後、あの音楽が頭から離れなくなりまして、サウンドトラックまで買った人なんですが、その音楽が好きすぎていまだ毎朝の携帯の目覚まし音楽に設定しています。
最初が静かな感じで始まるので、なかなかいいですよ。

さて、では図書館戦争映画編の感想を。超長いです!
ネタバレ有りですので、これから見に行く人は注意!



拍手[14回]

図書館戦争の特典付き前売り券は残念ながら売り切れだったのですが、ロッピーからオリジナルノルティ手帳が予約販売されるとのことで、思わず予約してまいりました。
ロッピーなんてめったに触ることがないため、こうか?ここか?とか思いながらなんとか予約してお金払ってほっと一息。
有川さんの書き下ろしだの、図書宣言とか載ってるらしいのですが、せっかくなので。
ノルティと言えば、岡田君が宣伝していましたね。あれかっこよかった。
まだまだと思っていましたが、残りあと一ヶ月。
楽しみに待っております。

さて、もう一つの映画、『アンフェア』ですが、これはドラマからずっと見ているもので、見逃すわけにはまいりません。
今度こそ本当に最後なんだろうな、とか思いながら観てまいりました。
ネタバレなので続きから。
ネタバレいや~んの人は見ないでください。



拍手[5回]

今日は映画観に行く日、と決めて(しばらく暇な平日休みがないので)、二本観てきたのです。
一つ目は『アンフェア』でもう一つはタイトル通り。
多分マイナーだろうなと思いつつ、昭和史にも興味が出てきたので、終戦前夜はどうやって映像化されたんだろうと観ることに。
既に終了間際なせいか、上映時間も限られていましたが、意外に人がいてびっくり。
この人たちはこの映画を観て何を思うんだろうとか考えたり。
戦後七十年と言うけれど、祖父母は戦争に行った人たちなせいかあまり語らず、父は生まれたばかりで、母は戦後生まれで、多分弟も含めて家の中で戦争の話なんてしたことない、という家庭。
加えて学生時代は歴史を含む社会科が大嫌いだった私。
知ろうとしなければ知ることない日々です。
知らなくても過ぎていくけれど、知っていれば何か変わるかもしれない。
知ることによって何かを考えたりするのは大事なことだと常々思うので、また原作とかも読んでみようと思うのでした。

ちなみにノンフィクションなので、ネタバレも何もないため続きます。


まずは終戦を進める鈴木貫太郎内閣が1945年4月に発足したところから。
実はこの終戦時の首相も知らなかった私。
かろうじて阿南陸軍大臣は知っていたかな、という程度。
そして終戦時は陸軍が最後まで抵抗していた、くらいまで。
終戦前日にクーデター未遂が起こっていたとはつゆ知らず。無知でした。
まさに二・ニ六事件を彷彿とさせるような、若き陸軍将校たちの真夜中の決起。
ポツダム宣言を受け入れる決議をした内閣を阻止しよう、そして本土決戦だ!と。
その決起の中心に畑中(松坂桃李)。
決起して宮城の近衛師団に乱入し、玉音放送を録音した原盤を奪おうとしたりするのです。
結局はクーデターは失敗し、首謀者として畑中たちは自害して終了。
昭和天皇の戦争終結の聖断を阻止してまでもやり遂げようとするその想いとは、いったいどれだけの犠牲を払わねばならないのか。
実際にすべての特攻隊を行かせれば…という話に身震いしました。
徹底抗戦だとか本土決戦が竹やりで行えるわけがない、と気づいていても反対もできない。
終戦させるのは、戦争を始めるより難しいという言葉は身に染みました。
何よりもモックンの昭和天皇、秀逸でしたが、やはり映画の見どころは阿南陸軍大臣をやった役所さんかなぁと思いました。

拍手[3回]

カレンダー
最新コメント
[11/02 ソウ@管理人]
[09/18 ソウ@管理人]
[09/06 ソウ@管理人]
[08/20 ソウ@管理人]
[08/20 ソウ@管理人]
プロフィール
HN:
ソウ
性別:
女性
職業:
看護師
自己紹介:
マイダーリン(ちょっとおバカなだんな)、5歳違いの息子二人(長男坊・次男坊と称す)との4人家族の働く母。
プライベートと仕事のときの人格評価が真っ二つ。
チビでメガネ。
バーコード
ブログ内検索
フリーエリア
カウンター
アクセス解析
忍者アナライズ
powered by NINJA TOOLS // appeal: 忍者ブログ / [PR]

template by ゆきぱんだ  //  Copyright: 雪月野原日記 All Rights Reserved