忍者ブログ

雪月野原日記

2008.06.04設置 おバカ家族の脱力な日常

10/08

Thu

2015

図書戦ドラマ

次男坊が何やらずっとつぶやいていたので聞いてみたところ。

「ダイソン、そうじきー、くうきせいじょうき、ひーたー」

いやいやいや、それいろいろ違うし。
違うけど、あまりにもはまりすぎてお母ちゃん腹いて―!
次男坊がつぶやいていたのは、お笑い芸人バンビーノのネタのノリでありました。
次男坊に突っ込んでみたところ、にっこり笑って「ぴったりっしょ」と言いました。
うん、それは認めるよ…。
どこから広まったのか謎ですが、この近辺の小学生の間ではダッソンはダイソンになっている。らしい。


続きからは、先日放送された図書館戦争ドラマについて少し語ります。
図書戦はどうでもいいという方はここまでにしておいた方が身のためです。
偏見と独断に満ちたドラマ感想と映画への期待編です。



拍手[9回]

PR

05/08

Wed

2013

基本、地元が好きです。
どれだけ馬鹿にされようが、愛知県を愛しております(笑)。
ちょうどケンミンショーで愛知県に転勤やってきました。おお、ナイスとばかりに見ております。
正直方言はいつもやりすぎ感が否めませんが、それはわかりやすくするためだと許容します。実際にはどえりゃーなんてそれほど使いませんが、よそ様が聞けばいろいろ方言丸出し地方なのは承知です。
時々ブログ書いていても、多分方言だろうと思いつつ、そのままにしております。
しかし、コーヒーチケットが愛知県だけとは知らなかった…。(どこにでもあると思っていた)
日曜の朝は、家族揃って喫茶店モーニングで育ちました。(当たり前だと思っていた)
何か贈答品選ぶときは松坂屋でしたし。今は高島屋とかがおしゃれな感じですが。(あくまで地元民の感覚)
何で三越じゃいかんのか(あえてダメなのかと言わず)とか、丸栄や名鉄はとか言われそうですが。ちなみに松坂屋含めて頭文字とって4Mデパートと言われてました。(何のことやらですよね。地元民だけうなずいてください)
さらに地元民以外には、尾張だの三河だのはよくわからんと思いますが、実はそりゃもう結構な深い溝が…ふふふ。いや、県民としての基本は一緒なんですがね。
マイダーリンのご両親は元々違う地方の出身なのでなんも言われませんし、そういうものだと思って過ごしているようですが、私などは尾張から三河に嫁に来て結構違うと感じます。
まず言葉も全然違う。三河はじゃんだらりんの世界ですから。意外に食べ物も違う。
同じ県内でも風習が違うことなんてよくあることです。山で分断されていれば全く違う地方もあるとか。うん、そんなものです。

前置きが長くなりました。まだ本題じゃなかったんかいという突っ込みは受け付けます。
そんな愛知県民お勧めドラマは、金曜夜にテレビ愛知(正確にはテレビ東京か)でやっている「みんな!エスパーだよ!」であります。
内容は、東三河地方に住む(何でわざわざ東三河なのか…。監督が東三河出身?原作は違うらしいけども)男子高校生に突然超能力が目覚めます。男子高校生はテレパシーですが、周りも次々に超能力に目覚めるのです。
念力だったり透視だったり瞬間移動だったり。
しかし、その内容は夜にしかやれないくらいちょいえろだったりするのですが、もうくだらなささ全開で逆に笑える。
やってる間中私は笑いまくってます。
三河弁丸出しの上、これでもかと思考がくだらなくて、ちょいえろのはずなんだけど、お色気じゃない路線。
多分もう4話くらいいってるんですが、男子高校生の思い込みとその高校生が好きな女子高生の突込みとか、友人関係の脱力な感じとか。
気づいたのが2話目だったので、1話目見逃したんですが、最初からも一度見たいと思わせる、私的に今期一押しです。もうね、福山しか見所のないガリレオより面白いと思います。
で、こんなお勧めを信じて見たら、なんだよこのくだらなさ、と思ってくれたら私の勝ちですw
お下品な笑いはちょっとと思われる方にはお勧めしませんが、何で超能力なんだとか、何も考えずに見た方がよろしいかと思われます。
あ、子どもには見せないでくださいw

拍手[4回]

01/23

Mon

2012

突然韓流を見だした…と思ったら終わった

特別韓流ドラマを見ようとは思っていなかったのですが、昼ごはんを食べに帰ると、やっていたドラマは韓流でした。
以前からストーリーだけは気になっていた「成均館スキャンダル」。レンタル店にずらりと並んでいたので韓国版イタkissを探しているときに見たのでありました。
何となく年明けからずっと見ていました。
本当のファンに申し訳ないが、ストーリー自体は「花ざかりの君たちへ」に似ていなくもない。
出てくる役者さんもまあ好みの範囲。
毎日見れば続きが気になります。
なので今日までほーと思いながら見ていたら、終わってしまった。
相手役が主人公が女なのに気づく前の悶々具合から気づいてからの悶々具合とこりゃまた笑っちゃうほどなかなか面白かったです。主人公の周りもなかなかよかったです。
やはり主人公は可愛くなくては。
それでもって相手役も好男子っぽくてくそ真面目なのがよいです。その後のギャップに萌えるたちなので。
いやー、なかなか楽しませていただきました。
明日からどうしよう(笑)。

今年はインフルエンザの流行具合が早く、胃腸風邪と重なって結構お子さまもちは大変な様子。
大人にも当然うつるので気をつけてくだされ。

拍手[2回]

12/18

Sat

2010

ドラマだから許せる…のか?(SPEC編)

今期、結構楽しみに見ていたドラマのうちの一つでした。
SPECとは人間の特殊能力を示しているようですが、サイコメトリーだとかサイコキネシス、パイロキネシスとかいろいろ出てきます。
そして、登場人物が以前のドラマ『ケイゾク』とつながりがあったりします。実際は知らなくても見られますが。課長の奥さん、前作ではまだ愛人だったようですが…。
主人公である当麻(戸田恵梨香)はIQも高そうな天才。ゆえに脳でカロリーを異様に使うせいか、蜂蜜を一気飲みだとか、尋常じゃない大食いだったりします。なぜか行きつけの店が中部日本なんちゃら(覚えてないが調べる気もないので失礼)…。東海人としては結構気になる中華料理屋でありました。
AKBネタからハロプロネタまで楽しませていただきましたが、17日放送の最終回にはさすがに叫びましたよ。ええ、もうマジに。

というわけで、ネタばれもあるのでとりあえず続きへ移動します。

拍手[2回]

11/13

Sat

2010

ドラマだから許せる(医龍編)

今期のドラマ、何か見てますか?
SPECとかも見てますが、今期はとりあえず医龍3の話を。

医龍の主人公である朝田(坂口)ですが、初っ端からとんでもないところで手術してました。ま、それはいいです。
毎回屋上らしきところで、しかも夜に、手術のシュミレーションなのか、イメージトレーニングをしてますが、あの蒸気の吹き出し口のような(多分空調の機械のそばとかいう設定なのでしょうかね)場所をバックに、上半身裸で立っています。
…めっちゃ変質者っぽいじゃないかw
医者だとわからなければ、ただの変質者です。
もしもその場にいたら、通報してしまうレベルかもしれない。
上半身裸で手を振り回す男。ひげ面で(暗いのでイケメンかどうかはわからない)、肉体的にも結構素晴らしいのですが、所詮夜の暗がり。
しかし何ゆえ夜?上半身裸?冬でも脱ぐの?これは肉体の見せ所なの?何で外?部屋じゃだめなの?大気のパワーでももらってるの?それでもって、どうして屋上?より天に近いほうがいいの?
天才外科医だと知っているから、視聴者は「ああ、熱心にオペのイメージトレーニングしてるのね」で済みますが、見ただけでは手術のシュミレーションだか何だかわかるわけがない。
怪しすぎる…。

…などとつぶやいていたら、マイダーリンは大受けでした。
「じゃあ、俺が会社の屋上で上半身裸で仕事のシュミレーションしてたらどうだろうね」
…多分捕まるよっ!

いやー、ドラマだから許せるシーンだと思います。
くだらん話ですみませんでした。あ、でも医龍は専門的なのにCG使ってわかりやすく説明してくれるので好きです。展開読めても許せるくらい面白いです。

拍手[2回]

11/01

Sun

2009

今日は駅伝だった

先週、来週休みだわ~と仮面ライダーを見ながら思っておりましたが、つい7時半にはテレビの前へ。
シンケンジャーだけやって、仮面ライダーやらないってどうよ。

最近またもやテレビっ子に戻りつつあります。
ドラマは録りまくりです。
「おひとりさま」「アンタッチャブル」「JIN-仁ー」「ギネ」「東京DOGS」「浅見光彦~最終章~」「交渉人2」とか。
おまけにNHKで「新・三銃士」の人形劇が始まって、それも録って見てます。人形劇が好きなんです。昔は再放送だけども「ひょっこりひょうたん島」とか「プリンプリン物語」とか「三国志」とか見てました。あー、知らない人多そう…。

「おひとりさま」
観月ありさ主演なんだけども、…老けたよね…。ナースのお仕事のときの若さあふれるはつらつさはどこへいったの~。
徹平君は…癒されるね、本当に(笑)。はっはっはっは…私も年だな…。

「アンタッチャブル」
仲間由紀恵のは、どう見ても「トリック」とかぶる。んー、悪くはないけど、阿部ちゃんが秀逸だったせいもあって、「トリック」には負けるなー。

「JIN-仁ー」
最初が見ていないので、超絶後悔中。そこまで未来の道具使いまくって、いいのかなと思わないでもないんですが。
私は、未来(歴史)というものは、たとえ過去で細かい修正を入れても、大筋は変わらないものだという宮部みゆきの本に出ていた考えに概ね賛成です。つまり、たとえば一度もしも坂本竜馬を救うことができても、どこか近い未来で坂本竜馬は誰かに殺されてしまうのだ、という考え。歴史の流れは個人の思惑では変わらない、という。ヒトラーが生まれるのを阻止することができても、ヒトラーと同じようにホロコーストを目論む輩は必ず出てくるのだ、という考えですね。
でも、どうなるんだろうなぁ。原作終わっていないものをやるのは、難しいだろうに。

「ギネ」
藤原紀香の無表情が怖すぎます。いいのか、こんな医者w
いや、でも医療系はやりすぎなくらいがちょうどいいんだろうなー。

「東京DOGS」
微妙なコンビですが、まだ実は1話分しか見ていない~。
ところどころ細かく入る小栗旬のボケをチェックしてます。水嶋ヒロは…仮面ライダーやっていたのが遠い昔のようだ…。なんとなく手近なアイドルが羽ばたいたって感じ?←どこが手近なんだ

「浅見光彦~最終章~」
沢村一樹の浅見光彦は結構好きです。最近沢村一樹のイメージが悪に傾いてるからなんですが。
でも、あのすみちゃんはいただけない、と思うのは私だけでしょうか。
浅見光彦とためをはるくらいでかいすみちゃんなんてっ。

「交渉人2」
相変わらずいい身体をしている米倉涼子ですが、顔が怖いです(笑)。
笹野さんが毎回怒鳴るだけでほとんど仕事をしないのに注目wいや、そういう役だってわかってはいるんですが、つい今回も仕事全くしてないなーと思いながら最後のエンディングを見るのでありました。
塚地君の音響担当の姿を見るたびに、「キイナ」のドラマでの姿とついかぶってしまうのは、私だけでしょうか。テレビ局が違うってのに。

感想にならない感想ですが、まあ、こんなところで。

拍手[0回]

01/25

Sun

2009

2009年冬ドラマは?

前期のドラマは「ブラッディ・マンデー」くらいしかまともに見ていませんでしたが、新春の「コード・ブルー」の単発は結構好きでした。
他にも見ていたものがあったはずなんだけど、あまり覚えてないというのは印象が薄かったのか、ほとんど見られなかったせいなのか。
今期からはブルーレイも入ったし、とりあえず一通り見てみました。
以下、私個人の好き嫌い、興味あるなしのみで語ってます。あしからず。

月曜日は、やっぱり月9?「ヴォイス」ですが、検死に興味があるので、これは毎週見る予定。
でも検死というより、その死の謎に近づくほうが中心で、かつてのドラマ「きらきらひかる」を思い出すなぁ。どうしてもそうなっちゃうのかな。
火曜日は執事ブームなのか、「メイちゃんの執事」です。ごめん、個人的に水嶋ヒロに肩入れで、毎週見てます。いや、メイちゃんはどうでもいいけど(笑)。水嶋ヒロはやはりあまりしゃべる役じゃない方が魅力的だと思います。それにしてもお嬢様があんなに意地悪なんてありなんだろうかww
続けて「トライアングル」も見ます。「神の雫」はどうかなと思ったけど、亀梨くんのワインの話よりは、サスペンスのほうが好きさ。
水曜日の「キイナ」は、ちょうどレッドカーペットと重なるのが痛いな。しかし、菅野ちゃんがあの役か…。もっと他のとっぽい若手でもよかったんじゃね?とちょっと思う。
木曜日は「Q.E.D」だけ。NHKだから丁寧に作ってはいるけど、漫画のイメージを持って見ちゃだめだね。
金曜日は「必殺仕事人2009」だったりします。かつての必殺仕事人、好きだったんだよな~~~。京本さんとかさ(古い)。松岡君、あまり似合わない気もするけど、慣れかな…。ヒガシとかがさ、刀でばっさりいっちゃうのってどうよ?!とは思うけど。
「ラブシャッフル」は、うーん、思ったより面白くなかった。谷原さん、あちこち出て忙しそうだね。DAIGOって、あれ、演技でいまいちなのか、すでいまいちなのかわかりません。
「歌のおにいさん」は、どうなんだろう。微妙な感じです。もう少し様子見。
土曜日は昨日から始まった「RESCUE」をとりあえず。海猿とか、こういう系等のものは結構好きで見るのですが、今までのパターンをしっかりなぞってくれているので、新鮮な感じはしないかな。まだ1回しか見てないのでわからないけど。
日曜日は大河?ずっと見続けるには根性いるからなー。途中で見るのあきらめそうだ(笑)。

こんな感じで手当たり次第に興味のあるものだけ見てます。
偏見垂れ流しですみません。

拍手[0回]

07/31

Thu

2008

今夏のドラマは…

マイダーリンが録画したドラマがどんどんたまっていく今日この頃です。
さて今期のドラマ、皆さまは何か見ていますか?

私とマイダーリンお勧めは漫画原作ありの『ヤスコとケンジ』です。
TOKIO松岡が結構はまりです。
あの表情、鏡見て研究したらしく、大笑いして見てます。
ストーリーは若干ごくせんかよと突っ込みたくなる流れもありますが、まあそれもよし。
単純に笑えるのがお勧めの理由。
やはり人間笑わなきゃね。

『モンスターペアレント』は米倉相変わらずだな~と思いながら見てます。
それよりもドラマに出てくる親が強烈過ぎて。
多少は強調されてる部分もありでしょうが、いるんだろうな、今はこういう親も。
私はうちのバカ息子のやることは今のところだいたいわかっているので、むしろ文句付けるより「すみません」と言いたくなるほうなんですが、本来家で解決すべきことを学校まで持ち出さないといけなくなったのは、きっと親も祖父母も未熟になってしまったせいなんでしょうね。この傾向はどうしようもないと思います。
あ、関係ないけど、田中芳樹原作の『薬師寺涼子の怪奇事件簿』の涼子をやったらはまりそうだなと勝手に思ってます。

『シバトラ』は最初だけ見ました。
これも漫画原作ですね。
童顔のあの役をやれるのは確かに小池徹平しかいないと思われ。
それよりも藤木直人の金髪に普通にびっくりしました。

『太陽と海の教室』の織田裕二はかなりうっとおしいなと思い(笑)、スマスマ見るまでのつなぎとしてしか見てないです。あまりストーリーがよくわからない。
傭兵か何かやってた?という設定だけが気になります。

『コード・ブルー』は医療系なので見てます。
面白いかというと微妙なんですが、勉強にはなります。
でも一緒に見ているマイダーリンにしつこく解説入れながら見てるので(医療系見ると相変わらず)、予想した病名が合ってると単純にうれしい。でも時々うるさがられます。
うん、やめられないんだ…(笑)。

『ロト6…(略』と『魔王』は最初だけ見てやめました。
うーん、ロトのほうはお金を無駄にするその男のバカ振りが嫌いなのと、魔王の暗さに私がついていけなくなりました。
陥れられるとか騙されるとかあまり好きじゃないんです、実は。

『Tomorrow』も病院が出てきますが、どちらかというと今の医療崩壊を舞台にしてるものだから、コード・ブルーとは趣が違いますね。
日曜は早く寝ることが多いのでいつも結末は見れていません。

他にも触れていないものもありますが、本当にこれは好みの問題もあるので、こんなところで。
ドラマに興味のない方にはつまらない話題で申し訳ない。

拍手[0回]

06/14

Sat

2008

最近早寝なんでリアルタイムでドラマも見てませんが、マイダーリンに頼んで見たいやつだけビデオとっています。
ドラマと漫画とリンクしてるものが多いので、話がわからない方はごめんなさい。
漫画の話も少し入ってきます。

今期は「ラスト・フレンズ」と「CHANGE」「絶対彼氏」「ごくせん」くらいです。
「ラスト・フレンズ」はあの暗さとジャニタレの彼(名前知らない)の切れっぷりが気になって初回からかぶりつき。
「CHANGE」はやっぱりキムタクだからと言うよりは、反対派だった人たちを少しずつ認めさせていくという話が大好きなんで、はまりつつあります。
「絶対彼氏」は、漫画だとう~んという感じでしたが、ドラマはもこみち君がいいよ、結構。
筋肉質の身体が好きな私としましては、話の内容云々より、もこみち君や水嶋ヒロを見たいがために見てたりして。だからあまり話しの筋は覚えてないという…。
「ごくせん」は、好きなんだけど、ワンパターンだよね。いや、それがいいのか?話の筋はそろそろどうでもよくなってきましたが。出てる役者さんもあまり好みじゃないしなー。
漫画はずっと読んでて、最後にうっそ~~~んと驚いた覚えがあります。いやー、あの作者が恋愛路線にちゃんとけりをつけたのが驚きだったのですよ。

それから、7月から今さらという感じで「ここはグリーン・ウッド」が実写ドラマになるんですよ。
うわ~と思ってキャスティングを見たら知らない人ばかりでしたが、意外に雰囲気は出てると思いました。
「有閑倶楽部」の美童よりナンボかマシです。
あ、美童役に恨みはないけど、せめてもう少しハーフっぽいのを使って欲しかったとか、それこそかつらでいいからロンゲ金髪を何とかして欲しかったのにとか思ってたりしてました。
しかも清四郎ちゃん、うう、冷静沈着武道達人才色兼備容姿端麗とか長身が…とか嘆きましたが、他のキャストに救われました。
おっと、グリーン・ウッドの話でした。
忍先輩のファンでしたが、また漫画を読み返したりなんかして浸っております。

基本的にドラマやアニメになると忠実に作るには予算だとかキャスティングの関係でいろいろ変更点は仕方がないと思っています。
イタkissアニメも然りです。
しかし…DVD全部揃えるには4万超え…。うう、4万かよ。でもトランプ欲しい。というか見てみたい。
多分見てるであろう普通の主婦に4万出せということ自体結構無理じゃね?それとも他の層が買ってくれるのか?微妙であります。
しかも夜中放送で、昔の作品で、見てる年齢層ってどうなんだろうな。
そんなことを思って見ています。

さあて、明日も働くぞ~~。
しかし、朝一で救急車騒ぎは勘弁願いたい。
今朝は意識朦朧状態の患者が運ばれてきたけれど、その場で救急車呼べ~~!と誰もが心の中で突っ込みながら、酸素だ心電図だ点滴だと走り回って何とか無事に市民病院送りに。
…当然診療は1時間遅れでございました。
ということは私たちの休憩もなくなる、と…。(ノ-_-)ノ・・・~~┻━┻
休みくれ、休み!

拍手[0回]

カレンダー

最新コメント

[07/25 ソウ@管理人]
[07/20 ソウ@管理人]
[06/03 ソウ@管理人]
[01/21 たまち]
[12/28 ソウ@管理人]

プロフィール

HN:
ソウ
性別:
女性
職業:
看護師
自己紹介:
マイダーリン(ちょっとおバカなだんな)、5歳違いの息子二人(長男坊・次男坊と称す)との4人家族の働く母。
プライベートと仕事のときの人格評価が真っ二つ。
チビでメガネ。

バーコード

ブログ内検索

フリーエリア

カウンター

アクセス解析

忍者アナライズ

Copyright © 雪月野原日記 : All rights reserved

TemplateDesign by KARMA7

忍者ブログ [PR]