忍者ブログ

雪月野原日記

2008.06.04設置 おバカ家族の脱力な日常

01/19

Thu

2012

フォーゼ18話目

最近、本当に何もしていない感じがします。
起きて食べて仕事して家事と子どもの世話していつの間にか寝てて…の繰り返し。
この時期になると身体がついていいけなくなるのか、自然と寝るのが早くなったり、テレビも見ず、パソコンすら触らずに過ぎていきます。
何かしたいんだけど、気力が続かない時期です。
まあ、こういうときは仕方がない。体力維持に努めます。
なので何も話題がなく…。

続きから、仮面ライダー話です。

メテオは何で少林寺風?の巻

前回勝手に月基地の部室に潜入していたメテオの流星ですが、フォーゼと敵同士と言ってまだ戦っていました。
前回は勝手に侵入でしたが、今回は何気なくついてきちゃったとくさい演技で部室に乱入。入部したいとほざきます。
ところがそれを反対したのは弦太郎。意外にも本当の姿を見せていないからという理由です。
ついバカはバカなりに鋭いぞ、と思ってしまいました。
えー、でももしかして何か本音を見せたらあっさり寝返っちゃうってことか。

二番君はテストの最中に校内で暴れます。
今度は弦太郎も邪魔されずにゾディアーツスイッチを破壊。案外早かった。
それを見ていたメテオの流星は、何で壊すんだー(実際には言ってません。流星、心の声といった感じです)と影から出てきていきなり弦太郎を殴りつけます。
弦太郎のあほなところは、殴られたことによって本音を見せたから入部を許す、と。
いきなり理由もなく殴られて、理由を追及しないのは男気があるといえばかっこいいが、そもそもその場所に流星がいること自体おかしいと思わないのか(二番君との戦いは校内でやるとまずいので途中で移動しました)。
誰も流星イコールメテオと思わないのは、テレビ的なリードミスを狙っているからですか。思いっきり怪しいがなw

そんな二人の前に今度はサソリスイッチを返してもらった園田先生が変身して現れます。
でもフォーゼとメテオにやられて正体が割れそうに。長い髪の女の人、とはばれますが、結局園田先生とはわからないまま、天秤に変身した校長が連れ帰ります。
失敗した園田先生に、理事長は容赦ないです。
ブラックホールのような暗黒のどこかに園田先生を吸い込ませてしまいました。
また一人新しい幹部がいたけどそのうち活躍するのでしょう。
というより、園田先生これで終わり?!
あっけに取られたまま来週を待つのでありました…。

でもメテオ、何故ベースが少林寺拳法のような戦い方なんでしょう。
家で次男坊がずっとほわっちゃーとまねしてます…。

拍手[0回]

PR

Comment

園田先生さようなら?

  • ron
  • 2012-01-21 22:28
  • edit
ソウ様こんばんは。
流星の入部を断わった弦ちゃん、いい感してる!と思ったら、結局入部させてしまいました。
園田先生は吸い込まれてしまいましたが、もう終わりなのでしょうかね。

後藤さんが、ユーキャンのCMに出ていますね。
ちょっと似合うかも。
ライダー40年記念切手コレクションを買ってみました。
平成バージョンを買いました。(昭和もあります)
意外とちゃんとしてました。切手は10枚しか入ってませんでしたが。

どこへ消えたんでしょうね

  • ソウ 〔管理人〕
  • 2012-01-22 21:31
ronさま、こんばんは。
弦太郎の野生の勘かと思ったんですが、本音見せたら誰でもいいのか…(笑)。
園田先生アップと東映公式に書いてあったので、本当にこれで終わりかもしれません。でも、ええっ!ですよね。

ユーキャンのCM、見ました!!
ちょっと意外でしたが、やはり彼はイケメンだなと思いましたw

ライダー切手、知らなかったので見てみました。
ほ、欲しい…が高いっ。
どうせ買うなら両方欲しい。
ホルダーいらないから切手だけでも…。(おいっ
実は結構切手が好きでよく記念切手買ってます。父が切手コレクターで、その影響なんですが。
ちょっと悶々と悩み中です…。
お名前
タイトル
E-MAIL
URL
コメント
パスワード

カレンダー

最新コメント

[08/20 ソウ@管理人]
[08/20 ソウ@管理人]
[07/25 ソウ@管理人]
[07/20 ソウ@管理人]
[06/03 ソウ@管理人]

プロフィール

HN:
ソウ
性別:
女性
職業:
看護師
自己紹介:
マイダーリン(ちょっとおバカなだんな)、5歳違いの息子二人(長男坊・次男坊と称す)との4人家族の働く母。
プライベートと仕事のときの人格評価が真っ二つ。
チビでメガネ。

バーコード

ブログ内検索

フリーエリア

カウンター

アクセス解析

忍者アナライズ

Copyright © 雪月野原日記 : All rights reserved

TemplateDesign by KARMA7

忍者ブログ [PR]