忍者ブログ

雪月野原日記

2008.06.04設置 おバカ家族の脱力な日常

映画「イーグル・アイ」を見てきました

今年は神社係なので、もうすぐ近くの神社である祭礼の準備に土日に出かけております。
昨日は雨の中、祭礼費集めに各家庭を回らねばならず、朝も早くから行ってきました。
戸建ては大丈夫だけど、さすがにアパートは部屋にいても出てこない。
いや、わかりますよ。
明らかに怪しいし、祭りなんかいかねーから放っといてくれという感じですよね。
でも、部屋の中で動きがあるのに、無視されるのも悲しいです。
疲れた~。
また来週も集まりがあるんだぜ。

今日は「イーグル・アイ」を見てきました。
これはマイダーリンの趣味。
11月に入ったら「ハンサム・スーツ」行こうとか言ってたけど。
「レッド・クリフ」見たいとか言っていたけど、絶対マイダーリンは理解できないから止めておけと忠告。
三国志すら知らないやつが理解できるのか疑問です。諸葛孔明すら知らないんだよ?無理だって。
そんなおばかなマイダーリンと見に行くと、マイダーリンの趣味の番の時にはだいたいがアクション。
というわけで、ネタバレとまでいかないけど、少しだけあらすじを…。
読んでも大丈夫という方だけ続きをポチッとな。
今回の「イーグル・アイ」も国防総省とか出てくるけど、結局はアクションの連続。
突然自分の携帯から知らない指示を出す声が。
どんなに逃げても監視カメラから逃げられない。
通信は全て傍受される。
その犯人は…?

主人公はなーんも関係ないと思われた男女二人。
少なくとも女のほうはとばっちりな気がします。

こんな風にネットやっていたり、携帯使って話をしたり、ありとあらゆるコンピュータがあふれている時代ですものね。
サイバーネット時代に恐ろしい話だ~と思いました。
つまり、そういう話です。

つまらなくはないけど、凄く面白くはない感じ。
始まっていきなりのアクションで目がちかちかした私でございました。

拍手[0回]

PR