忍者ブログ

雪月野原日記

2008.06.04設置 おバカ家族の脱力な日常

蛇、その後

大騒ぎした蛇ですが、結果は続きから。





昨日、夕方になって帰ってきた次男坊と長男坊に蛇のことを話すと、何やら張り切って捕まえてやると言い出しました。
倉庫から園芸用の支柱を持ち出し、ごそごそガタガタ。
ベランダで騒ぐものだから、家の傍で遊んでいた近所の子(次男坊の同級生)が「ヘビ?アオダイショウ?おれにちょーだい!」と満面の笑みで言いました。
いや、そんなのもらってどーする気だよ。
「飼う!飼いたいと思ってたんだ!」
…お母さん、泣くよ?
いやそれよりもガタガタしつつ棒で突いて出す計画だったようですが、ますます奥に行ってしまった蛇は、とぐろを巻いて大変お怒りの御様子。
「うわっ、威嚇してきた」
そりゃそうだろうよ。私が蛇でも怒るよ。
噛まれ対策で長袖長ズボンに軍手まではめて頑張っておりましたが、狭い隙間に入り込んだまま、一向に蛇は出てきません。
棒で引っかけるにも、かなり大きくて重いため持ち上がりません。
一メートルは超えるものですからそりゃ無理だ。
そのうち飽きたのか疲れたのか、蛇を出すことを諦めた様子。
まあいいけどさ。
マイダーリンが夜に帰宅するまでまたもや放置決定。

マイダーリンに報告すると、一応懐中電灯片手にのぞいてくれることになりました。
ところが、いつの間にか蛇いない!
潜んでいると明日また私が恐怖なので、わかる範囲であちこち見ましたが、どうやらどこかにお出かけになった様子。
もう帰ってくるなよ―――――!
何にせよ、そのまま居着かなくてよかったです。
本日もあちこち見ましたが、とりあえず目につくところにはいないようです。
お騒がせしました。

ちなみに蛇はネズミなどがいると寄ってくるようですが、うちにネズミ?!と思ったら、どうやらうちによく巣をかけるスズメを狙っていたようで。
今日の朝見たら、昨日はなかった鳥の羽があちこちに…。
蛇って丸呑みするんじゃなかったっけ?
ついこの間レンジフードに巣をかけられそうになって、作りかけの巣を全部払い落とした記憶も新しい私は、鳥の行く末を思うと遠い目になるのでありました。

拍手[3回]

PR