忍者ブログ

雪月野原日記

2008.06.04設置 おバカ家族の脱力な日常

07/05

Tue

2016

拍手コメントありがとうございました81

暑くなって夜のクーラーをつけざるを得なくなってきたこの頃、例年通りまだ部屋にクーラーをつけてもらっていない長男坊は、寝るときだけ和室へお引越し。ええ、何かと入用が続いてクーラー買うお金がないんざます。何せ壊れかけの洗濯機さえまだ我慢してるのよ~。

そんなある日のことじゃった。
長男坊がいつものように和室のクーラーをつけて風呂に行った後のことじゃった。
いつもとは違う音に気付いた長男坊は、蒼い顔をして母に言ったそうな。
「…なんか、カラカラとか変な音がする」
「え、もう壊れかけ?でも動いてるなら無問題」
「まさか、ごき…とか」
「それならそのうち出てくるから大丈夫」←何が大丈夫なんだ、という長男坊の無言の訴え
そんなのを無視して話し出す母。
「そう言えば次男坊が赤ちゃんの時、寝室のクーラーつけたらご…がポトリと落ちてきてびびったな~」
そんな昔話をすると、長男坊は呆れて和室に戻ったのじゃった。
それから30分もしないうちに、ものすごい叫び声が響いてきたのじゃった。
「うわあああああ!」
ばたばたばたと走って出てくる長男坊。
「で、で、出た!出た!出た!落ちてきた!」
「何がじゃ」
「ごきが!」
本当に出たのか…www
「まさかそのままにしてこちらに来たのではあるまいな」
「そのままにしてきた!」
「ばっかもーん、すぐさま退治じゃ!」
「今テレビ台の下」
「ほれ」
そうして母は退治グッズを授けたのじゃった。
たらたらったたーん♪ごきジェット!今日の新聞!
「まずはテレビ台の下に向けてひと吹き。それで多分はい出てくるであろう」
「ええっ、俺無理!」
「案ずるな、母も無理じゃ」
しぶしぶ戻った長男坊。
和室から世にも恐ろしい叫び声が。
「うおおお!」
しゅっ!ばっちーん!
「おりゃ!」
しゅっ!ばっちーん!
「うおっ!」
しゅっ!ばっちーん!
おいおい、何回たたくつもりじゃ。
汗だくの長男坊「…やっつけた」
「うむ、ご苦労であった」
「ぜってー触れない」
「…新聞紙ですくい上げるがよかろう」
母の助言に従ってすくい上げたはいいが、家の中にすら置いておきたくない親子は、隣の水路に放り込むことに。
「そりゃ!」
どんぶらこどんぶらこと流れていったのでありました。
「俺、せっかく風呂入ったのに汗だくだぜ」
「よくぞやっつけた。一つレベルが上がったね。もう一度シャワーを浴びるがよい」
格闘の後のスプレー跡を拭いて片付ける母の目の前には、強くたたきすぎて取れたおみ足が一本…。
ま、これくらいは仕方なかろう。
夏の夜の出来事でありました。

前振りなげーよとお思いのあなた、申し訳ない。
つづきからようやく拍手にいただいたコメントへの返信です。





えまさま
どうしてもお弁当のおかずが偏りがちになるので、買い物をメモするためにつるしてあるメモに何気なく書いておいたのですが、そろそろこのおかず出しても大丈夫だろうと確認できるので、組み合わせにも使えて割に便利なことに気が付きました。少し前のこともすぐ忘れちゃうのでw
四月の入学後からなので、結構メモ溜まりましたよ。
お弁当に入れたそのままの位置で書いてあるので(細い縦長弁当箱です)、隙間に入れられるものもなんとなくわかるようになってきました。
受験生、大変でしょうが、フォロー頑張ってくださいませ。
コメントありがとうございました。
追伸:あちらの祭り、よかったらまたご参加ください!

拍手[2回]

PR

Comment

お名前
タイトル
E-MAIL
URL
コメント
パスワード

カレンダー

最新コメント

[08/20 ソウ@管理人]
[08/20 ソウ@管理人]
[07/25 ソウ@管理人]
[07/20 ソウ@管理人]
[06/03 ソウ@管理人]

プロフィール

HN:
ソウ
性別:
女性
職業:
看護師
自己紹介:
マイダーリン(ちょっとおバカなだんな)、5歳違いの息子二人(長男坊・次男坊と称す)との4人家族の働く母。
プライベートと仕事のときの人格評価が真っ二つ。
チビでメガネ。

バーコード

ブログ内検索

フリーエリア

カウンター

アクセス解析

忍者アナライズ

Copyright © 雪月野原日記 : All rights reserved

TemplateDesign by KARMA7

忍者ブログ [PR]