忍者ブログ

雪月野原日記

2008.06.04設置 おバカ家族の脱力な日常

01/04

Mon

2010

W(ダブル)16話

じじばばがただいま家におりますので、あまりPCおおっぴらに触っている場合ではないんですが。
じじばば父母に四方から指導されながら書初めを終えた長男坊に、小さい体なのにもちを一気に3個ぺろりと食べる次男坊。買っておいた甘栗をいつの間にか全部食べられてちょっと悲しい私に食べてばかりで体重増えたマイダーリン。
穏やかな正月を過ごしております。
今年もよろしくお願いいたします!

新年早々仮面ライダー話でも読んでやろうという方は続きからどうぞ。

フィリップ暴走の巻

「一緒に帰りましょう」と園咲姉ちゃんに誘われたフィリップでしたが、もちろん素直についていくわけがない。
逃げ出したフィリップの前にまたもや現れた金属竜(ビギンズナイト見たらファングということを知りましたが)。どうやら自分の意思で動いていて、ファングに変身するように誘っているようです。
フィリップはやっと逃げ切ったと思ったら、敵に捕まった翔太郎とあきこちゃん。
下には串刺し、その上には翔太郎、それを支えるのはあきこ。もうだめ!ってときに現れたのがファング。ち、力持ちなのね、小さいのに。
そのファングを使って変身する決心をしたフィリップ。
やはり暴走モードになりましたが、あきこちゃんまで一緒に襲う羽目になり、翔太郎が必死に止めます。
そこで急にフィリップの意識の中へ飛びまして。あの地球の知識がすべて詰まったという本棚の部屋が燃えてます。その燃え盛る本棚の間を縫ってフィリップを探し出すと、二人でがっちり相棒であることを確認。きっと探し出してくれると思ったよ、翔太郎…なーんてくさいセリフですが、許す!こういうくさい友情も好きなんだよぉ。
ファングを制した二人は、無事に敵のアバレッドのドーパントをぶっ飛ばし、めでたしめでたし…?
おっと、赤いフェラーリに乗って園咲姉ちゃんが見ています。追いかけろってんで、ファングを解除して今度は翔太郎主体でサイクロンジョーカーで追跡。
翔太郎はフェラーリをあっさりぶち壊したので、タブーに変身して飛んで逃げる園咲姉ちゃん。おお、珍しくピンチ。しかしフェラーリ…もったいねー(実際には壊れてないけどもさ)。
ピンチを救ったのは婿の霧彦。霧彦君よ、修行していたんだね、けなげだよ(私は霧彦のお尻ファンです)。
ついでに女の子も救って、なだぎ刑事に正義の味方だと持ち上げられて平和なひと時へ。
事務所に出現したのは、検索でもちを食べ過ぎて太ったフィリップでありました。

次回、霧彦君活躍とのことで、私は非常に期待しているのでありますよ。

拍手[0回]

PR

Comment

今年も宜しくお願いします♪

  • ron
  • 2010-01-04 21:22
  • edit
ソウ様こんばんは。
今回のあきこちゃんは、翔太郎の抜け殻を持ったりフィリップのを持ったり、ちょっと大変だなあと思いました。
太ったフィリップを見て「ハンバーガーでも食べよっかなぁ♪」の満腹 太を思い出したのは私だけ?

99の「扉」に士くんが出ておりました。ディケイドのメロディーが流れたので急いで見にいったら、落ちた後でした。元旦から水落ち、ご苦労様です。息子によると、他局なのに、結構映像が流れていたそうな。

明日から、仕事です。
いい一年になるように、お互いがんばりましょうね~vv

今年もよろしくお願いします

  • ソウ 〔管理人〕
  • 2010-01-05 17:40
あきこちゃんはちょっと重労働でしたね。でも翔太郎の体を持ってくる必要はあったんでしょうかね。串刺しじゃなきゃいいじゃん、と思ったり。
ま、太ったフィリップは若干不自然でしたが、検索魂は止まらずといった表現ならそれもありでしょうか。

ナイナイは途中まで見ていた気がしますが(それが2日以降の番組であれば)、いろいろやりながらだから気づかなかったなぁ。見たかったです(笑)。
私は明日から仕事です。
お名前
タイトル
E-MAIL
URL
コメント
パスワード

カレンダー

最新コメント

[08/20 ソウ@管理人]
[08/20 ソウ@管理人]
[07/25 ソウ@管理人]
[07/20 ソウ@管理人]
[06/03 ソウ@管理人]

プロフィール

HN:
ソウ
性別:
女性
職業:
看護師
自己紹介:
マイダーリン(ちょっとおバカなだんな)、5歳違いの息子二人(長男坊・次男坊と称す)との4人家族の働く母。
プライベートと仕事のときの人格評価が真っ二つ。
チビでメガネ。

バーコード

ブログ内検索

フリーエリア

カウンター

アクセス解析

忍者アナライズ

Copyright © 雪月野原日記 : All rights reserved

TemplateDesign by KARMA7

忍者ブログ [PR]