忍者ブログ
2008.06.04設置 おバカ家族の脱力な日常

* admin *  * write *

[263]  [273]  [272]  [271]  [270]  [269]  [268]  [267]  [266]  [265]  [264
<<10 * 11/2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  *  12>>

家の裏の自動販売機にあるのを見つけたので一つ買ってみました(マイダーリンが)。
スカイライダーが出ました。全9種類のうちひとつはスペシャルらしいですが、いったいスペシャルはどんなもんなんでしょうね。
…調べました。どうやら変身シーンのようです。うーん、なるほど。
どうでもいいけど、マイダーリンは集めるつもりなんだろうか。


続きから、仮面ライダー話です。

+ + + + + + + + + +
パペットマペット…の巻

操りドーパントと対決するあきこ。なかなかつわものだ。
みんなの反応からすると、先週のご指摘の通りお嬢ちゃんは亡くなっているのかね。
ダブルとアクセルが駆けつけると、w(ダブリュー)の変体医師に連れ去られたドーパント。
若菜姫を今度はパペットにしてほしいんだとさ。

かえるガジェットを完成させたフィリップですが、声を違う声に変換できるようです。
ところであきこは人形と嬢ちゃんに以前あったことがあるようです。
アクセル竜から連絡があって行くと、やっぱり嬢ちゃんは亡くなっておりました。
現れていた嬢ちゃんは、人形自身だったようです。

若菜姫を操ることになったドーパントですが、若菜姫を基地に潜入させ、フィリップを襲わせます。アクセルの乗り物が邪魔に入ったので途中で我に返る若菜姫。
人形を勢いで捨てたあきこは回収したごみ収集車を追いかけます。
そこへあのドーパントが現れて戦いへ。
あきこなんてちゃんと翔太郎に助けられたというのに、すかさずスリッパで突っ込みいれてます。どこから取り出したの…?
とりあえず何とかやっつけたダブルですが、影で動くのはあの変態医師。来週はアクセルと対決か。

ところで、昨日の浜ちゃんのドラマで教育実習生役でアクセル役の子が出ておりました。おおー、アクセルがいるよと突っ込んでしまいました。
ちなみにあきこ役の子がエリートヤンキー三郎のヒロイン役で出る予定で、へ~と思いながら見ておりました。ちゃんと他に活躍してるんだなぁというただの感想です。すみません。

拍手[0回]

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

管理人のみ閲覧可能にする    
最近見ませんね。パペマペ。
ソウ様こんばんは。
ドーパントはもう少しわかりやすいものにしてもらいたいなあ。
ゴミ収集車から出したゴミ袋が、水色、緑、黒とは。緑はないでしょ。黒だって今はダメなんだぞ(うちの地域は)
実は姉より若菜姫のほうが強いんでしょうか。変態医師は、あいかわらずで。アクセルは、すっかり仲間になっておりました。

戦隊ものの天使を見たり、見なかったりしてますが、あの「ガッチャ」?はどうかと。売れるのか?何でもカードにすりゃいいってのはどうよ。
ron 2010/03/14(Sun)22:57 編集
ええ、見ませんねぇ>パペマペ
勢いだけで書きました。だからどこが?と突っ込まれても笑うしかない>パペマペ
…あ、朝の教育番組で見た!>パペマペ
まだその話題かいw

あらためましてronさま、こんばんは。
きっと風都はまだごみ袋の規制がないんですよ(笑)。
若菜姫は操られていたと思いきや、結構強力でしたよね。姉の立場危うし?
最後の「所長、君は美しい…略」は…ただのお遊び?声の高さが変えられるかえるのガジェットは早速おもちゃ化…。さすがだ、バンダイ。
ソウ 【2010/03/15】
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
最新コメント
[11/02 ソウ@管理人]
[09/18 ソウ@管理人]
[09/06 ソウ@管理人]
[08/20 ソウ@管理人]
[08/20 ソウ@管理人]
プロフィール
HN:
ソウ
性別:
女性
職業:
看護師
自己紹介:
マイダーリン(ちょっとおバカなだんな)、5歳違いの息子二人(長男坊・次男坊と称す)との4人家族の働く母。
プライベートと仕事のときの人格評価が真っ二つ。
チビでメガネ。
バーコード
ブログ内検索
フリーエリア
カウンター
アクセス解析
忍者アナライズ
powered by NINJA TOOLS // appeal: 忍者ブログ / [PR]

template by ゆきぱんだ  //  Copyright: 雪月野原日記 All Rights Reserved