忍者ブログ

雪月野原日記

2008.06.04設置 おバカ家族の脱力な日常

W(ダブル)11話

リビングのライトがぶつっと音をたてて壊れました。そりゃもう見事に。
何、いったいなにかの祟りかよとまで思うほど。
週末の夜だったので、替えの蛍光灯もないし、そもそもそこに手が届かない(笑)。
ダウンライトは無事だったので薄暗い中を過ごしました。
さて一昨日、蛍光灯を買ってきてもらいましたが、替えてもつかない。
…もしや豆電も…?
もう一度買いに走らせてみたものの、全ての電灯が一度に切れるなんてありえないことに気がついたのは後の話。
もちろん豆電を替えてもつきませんでした…。
仕方がなくその日は和室から持ってきた電灯を付け替えて使用。
あー、私は非常に背が低いので、うちにある踏み台を使っても電灯に手が届きませんでした。シーリングライトって天井にぴったりくっついてるっしょ。
昨日ようやく近くの電器屋でシーリングライトを買ってきました。結構高い。
型落ちのものを買ってくることで何とか値段は抑えましたが、本当に余計な出費だ。
シーリングライトも家と同じく10年だから、壊れるものなんでしょうかね。壊れたなんて聞いたことないけど。

おまけに最近ほどよく週末になると風邪っ引きのような頭痛やら寒気やらがするんですが、とりあえず寝れば治るので、週末になると引きこもって寝たおしているこの頃でございます。働く者としては平日に働ければよしと。あー、労働者の鏡だ。
とかなんとか理由をつけて自分の不摂生には目をつぶったところで、続きから仮面ライダー話でございます。

暴走ウイルス車の巻

今回のあきこちゃんは風邪引き。くしゃみするときくらい手に口を当てろっというつい医療者として常識を普通のテレビに持ち込む私でしたが、そんな事務所に依頼人。
しかもその依頼人に呼び出された場所が埠頭。…随分変な場所に。
そこへ現れた暴走車。今回の冒頭で車にはねられた女の人がいるから、その関係なんでしょうね。
しかも暴走車に跳ねられたかと思いきや、車は依頼人の身体を素通り。後に残った身体はウイルスに侵されてたという。そんなあほな。
どんなウイルスやねん!というか、それがウイルスだなんてなんでそんなに簡単にわかるんだよっ。
…という常識はさておき、車で女の人を轢いたんじゃないかという人相風体の悪い兄ちゃんたちを調べるうちに、車に轢かれた女の人の弟がその車に乗って暴走してるのを発見。
その弟がドーパントなの?いや、弟は普通に見えるけど。車がドーパント?なんだそりゃ。
とか思ってるうちに、婿殿がそんな珍しいドーパントを観察しようとダブルの邪魔を。
時々婿殿は果てしなく馬鹿なんじゃないかと思うよ…。
それでもって上手い具合に弟を車から引きずり出すことには成功。ところがというか、やっぱりその弟君はドーパントじゃなくて、横からぶきみなドーパントが現れた!
なんだか毎回不気味で気味の悪いやつを出すのを美術さんが熱心すぎるんじゃないかと思うわけですが。
悪人のひき逃げ犯人を辛くも助ける羽目になったダブルですが、そこはすかさず犯人をあきこちゃんの緑スリッパで天誅!
どうでもいいけど、ゴミ箱片手に首からティッシュをぶらさげて動き回るあきこちゃんよ、哀れ…。いや、哀れむところじゃないか。←実は結構どうでもいい。

そうですね、私としては今回の話に凄く興味を失ってしまったことでしょうか。
えー、なんだかシナリオが激しくつまらんと思ったのは、なんでだろう。
それよりもフィリップの「馬鹿は風邪を引かない」が本当なのか調べがついてその結果を披露してくださることを願っております。

拍手[0回]

PR