忍者ブログ
Admin / Write / Res
2008.06.04設置 おバカ家族の脱力な日常
<< 06   2017/07   1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31     08 >>
[267]  [266]  [265]  [264]  [260]  [259]  [258]  [257]  [256]  [255]  [254

午前は仕事なかったので、映画「交渉人」を見てきました。
平日ファーストショーのせいか人が少なくて、かなり空き空きだったんですが。「交渉人」だから人がいないのか、平日ファーストショーだから人がいないのか。
レディースデーでもあったので、おばさまがたは結構いましたけどね。
では、感想は続きから。

 


テレビ版の予告の通り、ハイジャックを軸に展開。
その根本となる黒幕がいるのですが、それはとりあえず内緒ということで。

テレビ版の最後にすれ違った反町と主人公・宇佐木ですが、当然空の上で対決です。
そこに行くまでにはもちろんいろいろあります。
そもそもなんで都合よく宇佐木が同じ飛行機に乗ったのか。←彼女の勘で怪しい人物が偽名で乗っているのを見つけたから無理矢理乗り込んだ。なので乗客名簿にないものだから途中で機長判断で羽田へ引き返す最中、とうとうハイジャックの始まり~。
しかも同じ飛行機に筧さん演じる木崎さんも乗り合わせ。木崎さんは非公開の婚約者と婚約者の実家に行く途中。婚約者に「誰?!」と問い詰められて「…ちょっと気になった程度で乗り込むただの同僚」(細かい表現覚えていないけどこんな感じ)と答えたり、この木崎さんと婚約者は最後までお笑い担当ですw
木崎さん(とその婚約者)がしゃべるたびに思わず爆笑していたのはうちの夫婦(あ、マイダーリンと行きました)。
最後のほうはなるようになるとわかっていたのですが、突っ込みどころは満載です。うーんそこは限界なのかなぁ。
ハイジャック犯に思いっきり撃たれる副操縦士と機長(ちなみにギバちゃんだ)。代わりに操縦するのは…。あれ、どこかで見たぞこの展開。…洋画で「乱気流タービュランス」くらいしか覚えてないけど、ありましたよね。
どうでもいいけど、もっとましな人が乗客の中にいるんじゃないかと思うんですが…と一人でぶつぶつ。
ちなみに対決した反町の運命は内緒にしておきます。
そして、テレビ版で出ていた宇佐木の体の不調も当然継続。その不調はどう響いてくるのか。これも見てからのお楽しみで。
しかし、こんな飛行機には絶対乗りたくない~。

拍手[0回]

PR
この記事にコメントする
Name
Title
Color
Mail
URL
Comment
Password   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
secret(管理人のみ表示)
カレンダー
最新コメント
[07/20 ソウ@管理人]
[06/03 ソウ@管理人]
[01/21 たまち]
[12/28 ソウ@管理人]
[12/11 ソウ@管理人]
プロフィール
HN:
ソウ
性別:
女性
職業:
看護師
自己紹介:
マイダーリン(ちょっとおバカなだんな)、5歳違いの息子二人(長男坊・次男坊と称す)との4人家族の働く母。
プライベートと仕事のときの人格評価が真っ二つ。
チビでメガネ。
バーコード
ブログ内検索
フリーエリア
カウンター
アクセス解析
忍者アナライズ
Copyright ©  雪月野原日記 All Rights Reserved.
*Material by Pearl Box  * Template by tsukika
忍者ブログ [PR]