忍者ブログ

雪月野原日記

2008.06.04設置 おバカ家族の脱力な日常

07/10

Fri

2015

映画『ターミネーター ジェニシス』観てきました

今日が公開初日でしたが、会員カード持ってると金土日と1000円らしいので、がっつり見ようかと思ったら、私が行く映画館、『HERO』もまだらしい。ってよく見たら、18日だった…。
他に見るものは、時間がどれも合わず、結局ターミネーターだけ見て帰ってきました。
この先、ジュラシックも公開控えているし、あれこれ見る楽しみがあるな~。

続きから、感想を。ネタバレもあり、かも。
ちなみに、見ようかどうしようか迷っている方、お勧めです。
そして、より面白く見ようと思うなら、キャメロン監督のターミネーター1と2を見ておくのがよりベスト。見なくても見られますが、見ておいた方がぐっとくるかも。
では、ちょっと長いかも。





映画の宣伝で散々やっておりましたが、昔のシュワちゃん、今のシュワちゃんとなかなかいい味出してる。
とにかく今回は時限の壁を越えまくりです。
1の時はサラ・コナーが子どもを産む前の若かりし頃。1984年だっけ。
元のストーリーは、人間を滅ぼさんとする機械側のスカイネットとの闘いでしたね。
救世主となる子どもであるジョンを産むサラを次元を超えて殺しにやってきたターミネーターシュワちゃんと助けるために送られてきたカイルという青年。
最初のサラは戦う女ではなく、ごく普通の女性。
結局カイルと結ばれてジョンを産むのです。
このときの800型は敵。
これが基本設定。
2では、スカイネットそのものをつぶそうと、プログラムを変えたジョンを守る800型ターミネーターが送られてきたのが1991年。
この時は新型の1000型ターミネーター出現。
この時点では、カイルは死んじゃってますな。サラは強い女になっていて、審判の日が起こらないようにその日のために鍛えまくって備えていたのでした。
ちょっと大きくなってたジョンと結構な歳になっていたサラと800型ターミネーターが1000型と対決。
核爆発を誘導する人工知能スカイネットを阻止するために奮闘。
一応スカイネットを作る研究所は大破。スカイネットを開発した人も一緒に死んだので、再開発は無理に思われた。
さて、ところがどっこい、ジェニシスでは、未来で機械軍との戦いに絶対的勝利を信じてひたすら戦うジョン。ここまでのシナリオはサラがカイルから聞いていた通り。あれ、未来は変わったんじゃなかったの?みたいな。
もちろんこの時点でカイルはまだ未来にいるのですが。ああ、ややこしい。
予定通りカイルを過去に送ってる最中にジョンに刺客が…。
過去へ送られつつジョンの身を案じて1984年にたどり着くカイル。
先に送られたターミネーターT800型(1のシュワちゃん)はなんとあっけなくやられていたのでした。
代わりに1000型に襲われるカイルを助けたのは、何とサラと800型。
何だそりゃとわけのわからないカイル。サラ弱くないし、俺の方が足手まとい、みたいな感じ?
800型は誰が送ったのか知らないが、9歳の時点で家族ごと襲われたサラを助けたのでした。
この辺りから、1、2本来の歴史が歪んでいきます。
9歳の時から10年、ひたすらカイルを待ち、鍛えて備えていたサラ。
サラにピックアップされるときに巻き添えになっていた警官は、後ほど出てきます。
しつこく襲う1000型から逃れ、次に行く先はサラが1997年と主張しますが、カイルは転送時に突然現れた自分の記憶通り2017年に行くように指示します。
「ジェニシスは、スカイネットだ」と。
2017年へ転送するにあたって、機械むき出しになったシュワちゃんは一緒に行けません。転送後の未来での再会を誓います。
今度は2017年。そこでも警察に拘束されますが、そこはすでにもうすぐジェニシスが起動する世界。
ジェニシスとは、全ての機械類を管理する人工知能。この辺りはサマーウォーズに近いかも。
つまり、審判の日とは、ジェニシスが起動する日。起動したとたんこの賢い人工知能は人間を滅ぼすためにまずは核で一掃予定。この幻影というか人工知能が人型をとったホログラムが出てくるあたりはバイオハザードのアリスみたいかな。
この軸より未来の世界では、世界的核爆発に耐え残った人間が機械軍に戦いを挑んでいました。
それを阻止しようというのです。
スカイネットのあの息子でさえ、ジェニシスのシステムはよく知らない。
その陰にいたのは、何とサラの息子ジョンだったのです。
あの未来軸の世界でジョンは襲われて別の何かに変えられてしまっており、磁気で構成される機械でも人間でもないものになったらしい。
サラとカイル、再会した皮膚だけ人間と同じように老化するというシュワちゃんの三人は、今度はジョンを相手に最後の戦いをするのです。さらにはどんどん進化するジェニシスの起動時間は短縮されまくりで、時間との戦い。
そこの軸では何と12歳のカイルもいます。未来からきたカイルには今までなかった記憶の正体がこの変化してしまった時間軸のせいなのでしょう。
それぞれ未来が複雑に並行的に進んでいくので、たどり着く未来はいったいどうなるのか。
ジェニシスはあの1000型のモデル生産(CPUチップがなければただの金属)をしようとしていたり、転送装置を作ろうとしていたり。
結果的に言えば、ジェニシスはすんでのところで破壊するのですが、完全に破壊したわけではないので、またその未来軸では機械軍復活かも、と思わせる映像を残して終了!
ちなみに旧型であった800型は…新型に変身。その過程は大丈夫か、あれ、とちょっとその伏線にドキドキしていた私でした。
さてここで、疑問。
あの警官が2017年の世界でロボット研究30年とかでサラたちに協力しようと出てきました。
あの後どうなったのか。正直言えば何の役にも立ってなかったけど。
最初に9歳のサラのもとに800型のシュワちゃんを送ったのは誰か。
もうこの時点で未来はかなり変更されているのです。
1984年に1000型が襲って来たということは、800型がこの時点では役立たずということを知っていた誰かが送ったわけです。未来軸での2の1991年は存在しなくなるのかも?
未来から来たカイルが突如現れた記憶を頼りにサラに送った言葉。その言葉を実は父から送られたサラ。サラは歴史が修正されるように12歳のカイルに送って別れるのです。
同じ時間軸に12歳のカイルと未来のカイルがいるならば、その時間軸のサラはどこかにいるのでしょうか。
うーん、複雑。

拍手[1回]

PR

Comment

お名前
タイトル
E-MAIL
URL
コメント
パスワード

カレンダー

最新コメント

[08/20 ソウ@管理人]
[08/20 ソウ@管理人]
[07/25 ソウ@管理人]
[07/20 ソウ@管理人]
[06/03 ソウ@管理人]

プロフィール

HN:
ソウ
性別:
女性
職業:
看護師
自己紹介:
マイダーリン(ちょっとおバカなだんな)、5歳違いの息子二人(長男坊・次男坊と称す)との4人家族の働く母。
プライベートと仕事のときの人格評価が真っ二つ。
チビでメガネ。

バーコード

ブログ内検索

フリーエリア

カウンター

アクセス解析

忍者アナライズ

Copyright © 雪月野原日記 : All rights reserved

TemplateDesign by KARMA7

忍者ブログ [PR]