忍者ブログ
2008.06.04設置 おバカ家族の脱力な日常

* admin *  * write *  * res *
[647]  [646]  [645]  [644]  [643]  [642]  [641]  [640]  [639]  [638]  [637
<<05 * 06/1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  *  07>>
実際観に行ったのは昨日なのですが、『テルマエ・ロマエⅡ』を観てきました。
映画館は子どもたちが学校とはいえ、大人は休みの人が多いためか、いつもより長蛇の列。
早く着いたものの、チケットを手にしたときには上映時間ぎりぎりになってしまいました。
『相棒』だとか『コナン』とかも見る人多かったですね。
レディースデーだの、ファーストデーだとかも消費税アップに伴って100円の値上げ。
会員カード持っていてファーストショーならば、値段同じなのでさほど気にはなりませんでしたが、ただでさえ高い映画もどんどん値段が上がってしまっては、普段行かない方は見に行くのもためらわれますよね。
そんなことやってると廃れちゃうぞとか思うんですが、一定数の人は見に行くのでいいのかなぁ。
あとはDVDとかレンタルの販売で売り上げを伸ばせばオッケーなのかな。
もっと気軽に観たいなぁ。




+ + + + + + + + + +


さて、映画本編ですが、前作でも笑いをこらえるのがつらかったくらいですが、今回は館内結構笑いをこらえきれていない方続出。
いや、もうこれ説明いらないかもしれない。
前作と変わらず面白かったです。
何よりもやはり阿部ちゃん、秀逸。
CMでもありましたが、餃子のうまさに驚いたり、滑り台で興奮したり、なぜか草津温泉で悶絶したり。
松島トモ子が熊と戯れておりましたが、あのネタ、昭和の人間にしか笑えないと思うよ。でも私は昭和の人間だから笑いましたけれどw実際にはライオンでしたっけ?←意味のわからない平成の人はぐぐってください
今回は前作の続きなので、当然ローマの歴史上も少し進みまして、ケイオニウスが病に倒れたりします。ちなみにケイオニウスの北村一輝は馬に乗っているときが一番かっこよかったです。
しかし、電気で動くすべてのものを奴隷が動かしているとの勘違いっぷりも健在で、上映中は笑いが絶えませんでした。前作見ていると更に笑えるかも。
今回の平たい顔族は、力士(前作同様に上戸演じる真実の家族とかも出てきますが)。
なのでゲストも曙とか琴欧州とか。琴欧州も引退したとたんにあんな役で出なくても(笑)。
謀略あり、苦悩あり、笑いありで最後にはほんのりロマンスも。上戸彩のサービスショットかと思われるお風呂シーンとか?
でもこの映画を見ていると、日本人の風呂に対する思い入れというか、アイデアってすごいなと思います。
他にめぼしい資源がないのもあるのでしょうが、火山地帯の多い温泉豊富な日本ならではなのかも。
映画観ていたら温泉に行きたくなったよ。

拍手[2回]

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

管理人のみ閲覧可能にする    
カレンダー
最新コメント
[06/03 ソウ@管理人]
[01/21 たまち]
[12/28 ソウ@管理人]
[12/11 ソウ@管理人]
[12/04 ソウ@管理人]
プロフィール
HN:
ソウ
性別:
女性
職業:
看護師
自己紹介:
マイダーリン(ちょっとおバカなだんな)、5歳違いの息子二人(長男坊・次男坊と称す)との4人家族の働く母。
プライベートと仕事のときの人格評価が真っ二つ。
チビでメガネ。
バーコード
ブログ内検索
フリーエリア
カウンター
アクセス解析
忍者アナライズ
powered by NINJA TOOLS // appeal: 忍者ブログ / [PR]

template by ゆきぱんだ  //  Copyright: 雪月野原日記 All Rights Reserved