忍者ブログ
2008.06.04設置 おバカ家族の脱力な日常

* admin *  * write *

[338]  [337]  [336]  [335]  [334]  [333]  [332]  [331]  [330]  [329]  [328
<<11 * 12/1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  *  01>>
毎年夏の終わりにある某丸一日テレビ。
正直まともに見たことがない。そこまで起きている根性もなければ見る価値を見出せないからです。毎年楽しみに見ている方にはごめんなさい。
多分その募金は非常に役に立つことだと思うので、やることに異議はないです。
でも、わざわざタレントを24時間使って放送する意味はどこにあるのだろうかと思うわけです。
24時間やらなくても他にもっと有効な募金の仕方があるんじゃないだろうかとか。
病気がどうとか、障碍がどうとか、そこまで宣伝に使わんでもいいがな、と思ってしまうひねくれ物なので。
看護師をしていると、病気や障碍は別に特別なことではないと思うのです。
身近にあるちょっとしたイレギュラー。
誰でも病気になる可能性はあるし、障碍者になる可能性はあるのです。
今はこうして働いていられるけれど、何か身体に異常が見つかるかもしれないし。
応援したいその気持ちは嘘じゃないと思うし、そういう気遣いも必要だと思います。だって、どうがんばったって健常な人にはかなわない部分も出てくるので。
マラソンも怪我を押してまで走る必要は全くないと思うし(タレントが怪我でその後身体を壊してもテレビは絶対に責任取らないでしょうし)、いっそ出演者全員でリレーやったほうがいいんじゃないかとさえ思う。
そんなところで感動とらなくても、もっといい話はたくさんあると思うのに。
実際に走っているタレントさんや真剣にがんばっているタレントさんには申し訳ないけれども。

何で急にこんな話をしたのかというと、クラス便りに24時間テレビの話が載っていたのが気になってついそんな話をしてみました。
多分うちの子は24時間テレビ?何それ状態だったことでしょう。
何で私が見ないのか、上記のような理由も話しましたが、長男坊の一言のほうが効いた…。

「24時間だけ募金する方が変じゃん。募金箱見つけたらいつでも募金すればいいのに」

そーだよねー…。

その募金する機会がなかなかないからいい機会だとして募金する人もいるかもよ。
偽善かもしれないけど、何もしないよりはいいかもね、と言ったら、
「愛が地球を救うんじゃなくてお金が救うんだ、結局」
と超現実的に話し合いが終わりました。
いやー、だって、実際お金いるじゃん。
そんな現実的な話はともかく、一応お金だけではやっぱり救われないし、愛も必要なんだよと言ってみましたが、いいお答えがありましたら教えてくださいませw
ちなみに我が家が募金するとしたら、クリック一つで募金か、スーパーにある盲導犬募金箱か、学校や町で集める募金か、赤十字寄付か、地震その他の募金とか、ペットボトルのふたとか書き損じはがきとかベルマークとか集める系くらいです。
すみません、えらそうなこと言ってる割にたいしてしませんね…。

拍手[6回]

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

管理人のみ閲覧可能にする    
無題
この手の話には食いつかないわけには参りません。コメントさせてくださーい。

こういった番組で一番腹が立つのは、上から目線なところです。
可哀相な人を仕立て上げて同情することで、自分の状況はそういう人よりも上であると自己満足しているように見えてしまうのです。かなり乱暴な言い方になってすみません。
「可哀相な」人はこれまでも、これからも毎日は続いていきます。「可哀相な」状況はその人にとって日常なのに、特別なことのように取り上げる番組を見る気にはなれません。

いっそ、昔のフジテレビのように「バラエティ24時間」とうたってくれる方が、どれだけ楽しめるか。フジも最近は「家族」とか「絆」とか言い始めて鬱陶しくなってきました。

しかし大義名分なんて必要ないと思うのです。
楽しい面白いだけではダメなのかなあ?と毎年この時期になると思います。
日常の煩わしさを忘れて24時間笑い続けられる方がよほど貴重な気がします。
かかし 2010/09/02(Thu)19:53 編集
上から目線
かかしさま、こんばんは。
復帰早々おうちの事情とはいえ大変ですね~。でも思ったよりも元気そうなので安心いたしました(いや、治療は大変ですけども)。

言われてみれば、「上から目線」、なるほど。
障碍のある人は日常をそれで過ごしているのに、これでもかとほらほら大変でしょ、それなのにこんなことしてみました、みたいな感じがどうも嫌だったのでした。挑戦するのはいいんだけども、それ本当に必要なの?ありのままじゃダメなの?ともやもやしておりました。
確かに笑いのほうが力になる気がします。免疫力も上がるし、気分はほぐれるし。
私も全力で笑いを提供する、だったら見るかも(笑)。
うなずきながら読ませていただきました。コメントありがとうございました!
ソウ 【2010/09/03】
カレンダー
最新コメント
[11/02 ソウ@管理人]
[09/18 ソウ@管理人]
[09/06 ソウ@管理人]
[08/20 ソウ@管理人]
[08/20 ソウ@管理人]
プロフィール
HN:
ソウ
性別:
女性
職業:
看護師
自己紹介:
マイダーリン(ちょっとおバカなだんな)、5歳違いの息子二人(長男坊・次男坊と称す)との4人家族の働く母。
プライベートと仕事のときの人格評価が真っ二つ。
チビでメガネ。
バーコード
ブログ内検索
フリーエリア
カウンター
アクセス解析
忍者アナライズ
powered by NINJA TOOLS // appeal: 忍者ブログ / [PR]

template by ゆきぱんだ  //  Copyright: 雪月野原日記 All Rights Reserved