忍者ブログ
2008.06.04設置 おバカ家族の脱力な日常

* admin *  * write *  * res *
[58]  [57]  [56]  [55]  [54]  [53]  [52]  [51]  [50]  [49]  [48
<<04 * 05/1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  *  06>>
管理人在住地方、今朝は意外に強風でした。
しばらくこんな強風なかったので油断しておりました。
もともと川風が吹く上に、吹きっさらし(周り田畑なため)で、住居地は市内でもかなり強風地区に当たります。
でもって雨が降っており、傘を差して車に乗り込む際にやっちまいました。

ビュー、バタン、ぐえっ、バキッ、カラン…。

次男坊を乗せている最中に傘を車に立てかけておいたところ、強風で傘が舞い上がりそうになり、押さえました。
ところが車のドアまで強風で閉まる。
一緒に車のドアにはさまれ、立てかけておいた傘まで犠牲に。
しかも傘の柄が車のドアで引きちぎれました。
お、おそろしや~~~。
車のドアって凶器ね…。
傘の柄だけが車の下にカラン…と落ちていきました。
これが一本目。
そう、これで終わらず。

いざ保育園に行き、傘を差して登園中、強風に傘もあおられる。
次男坊は最近自分の傘を買ってもらい上機嫌でしたが、今日ばかりは必死。

「おかーさん、とばされる~~~」

いや、笑っちゃいけないのだが、今まさに吹き飛んでいきそうな次男坊の姿に思わず笑う。
次男坊(の傘)が飛んでいかないように傘を上から押さえつつ歩く。
ところがどっこい、自分の傘にまで気が回らず…。

ビュー、パキッ。

あ、ありゃ?
前々から怪しかった私の傘の骨、折れちまいましたよ!
細い傘の骨二本がプラプラとぶら下がり状態で保育園へ。
えーと、すっごく恥ずかしいんですけど。
でも雨は吹きつけるので、上から下まで満遍なくぬれる。
これが二本目。
しかし、更なる不幸はまだ続く。

仕事はなんだか忙しくて終了が15時って、あなた…。
15時半から午後診療ですけど??
とりあえず今日は午後仕事がなかったので、午後仕事の早出と交代。
更衣室のロッカーへ。
…開きまへんがな。
開きませんよ?
なんで開かないんだーーーーー!!
ガッシャンガッシャンしながらロッカーと格闘。
前々から開き具合が微妙だったのは確かですが、なんで今壊れる?!
一人ではどうしても開かないので、わけを話して他の人にも手伝ってもらう。
一人がドアの取っ手を引っ張りながら、隙間に二人がかりで手を入れて引っ張ることに。

グワッシャン!!

…開きました。
開きましたけど、この扉どうしてくれよう。
仕方がないのでそのまま開けたままにして帰ることに。
ところが…。

ギーーー、バッタン。

え?
今、閉まったよね?閉まったわね?!
更衣室を出たところで急いでまた戻る。

「あ、閉めちゃいかんかった?(方言入ってるがスルーで)」

後から来た同僚、邪魔だった私のロッカーのドアを閉めてくださりました。
中に入ってるエプロン~~~(明日使う)。
またもやロッカーを開けるべく同じ動作を繰り返す。
うぉ~~~。
ピキ。
なんだかプラスチックの取っ手にひびが入ったような気もするが、何とかまた開く。
空いているロッカーは他には今のところないので、とりあえずエプロンとボールペン類だけ出しておくことに。
というか、明日荷物入れられないじゃん。

やっとのことで帰宅。
…あまりに悲しかったのでマイダーリンに愚痴る(夜勤で在宅でした)。

「…合羽着ていけ」

そ、それは嫌だーーーーー。
新しい傘を買ってくることにしました。
明日、奇跡的にロッカー直ってないかなー(直るかっ

拍手[0回]

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

管理人のみ閲覧可能にする    
カレンダー
最新コメント
[01/21 たまち]
[12/28 ソウ@管理人]
[12/11 ソウ@管理人]
[12/04 ソウ@管理人]
[07/23 たまち]
プロフィール
HN:
ソウ
性別:
女性
職業:
看護師
自己紹介:
マイダーリン(ちょっとおバカなだんな)、5歳違いの息子二人(長男坊・次男坊と称す)との4人家族の働く母。
プライベートと仕事のときの人格評価が真っ二つ。
チビでメガネ。
バーコード
ブログ内検索
フリーエリア
カウンター
アクセス解析
忍者アナライズ
powered by NINJA TOOLS // appeal: 忍者ブログ / [PR]

template by ゆきぱんだ  //  Copyright: 雪月野原日記 All Rights Reserved