忍者ブログ
Admin / Write / Res
2008.06.04設置 おバカ家族の脱力な日常
<< 06   2017/07   1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31     08 >>
[29]  [28]  [27]  [26]  [25]  [24]  [23]  [22]  [21]  [20]  [19

今日はマイダーリンの友人グループと一緒に渓谷でバーベキューしてきました。
車で1時間くらい行ったところにあります。
2年前にも行ったかな。
本当は海辺の予定だったけど、今まで行っていた海岸が全面バーベキュー禁止になっておりました。

駐車場からバーベキューできるところ(予約したところ)までが遠い…。
これでもかと歩いたところにやっとありました。
着くのがちょっと遅れたので、電話で一応確認して歩いていったものの、本当に道は合ってんのかと疑いたくなるような道のり。
次男坊は途中で「だっこ」
…だ、だっこ~?
仕方がないので抱っこしてさらに山道(舗装はさすがにされていないけど一応ちゃんと道がある)を歩いていき、息も切れ切れになった頃ようやく到着。
ちなみにマイダーリンは長男坊とともにベビーカーを背負って先を行ってしまいました。
さすがに着いた頃にはすでに始まっていて、焼き役からもらうだけもらって疲れを癒しながらうまうま。
長男坊は最初から最後までずっと川で遊んでおりました。
ちなみに川自体は上流なので浅くて岩がゴロゴロしております。
バーベキューをしていたところから下りるには滑りやすくてちと危険ではありましたが、長男坊はひょいひょい上り下り。
…うーむ、子どもは凄いな。
途中次男坊を連れて川岸へ下りて行ったマイダーリン、案の定滑って転ぶ。
転んだだけでなく次男坊を岩にぶつける!!
あほか、おまえ~~~~!!
しかも次男坊を川へざぶんと入れてしまう。
下のズボンは水着ではあるけど、まだ紙オムツしたままだっつーの!!
慌てて引き上げると、これでもか限界まで吸収ポリマーが頑張った紙オムツがずりずりと下がっておりました。
その場で脱がせ、頭をぶつけて痛かったと泣く次男坊を連れて戻ることに。
しかも川の水めっちゃ冷たいんですけど。
下りるときも怖かったけど、上るのも結構大変な道なき坂道を必死こいて上る。
怖くて次男坊泣き喚くし。
そのとき、マイダーリンは嬉しそーに川の水に足を浸しておりました(どうやらぶつけたところを冷やしていたらしい)。次男坊を何とかしろよ、おめーは!

食べて飲んで、魚獲って、凄く楽しみましたが、凄く疲れました。
何せ次男坊、ちょろちょろ動く動く。
長男坊は活き活きとしていました。

疲れたのに、はっと気づけば上ってきた山道を今度は下らなきゃいけないことに気がつく。
みんなでだらだら下りてやっとのことで駐車場まで。
…えーと、帰り道は私が運転、ですよね?
あまりうれしくない山道を頑張って運転して帰ってきました。

明日も休みでよかった~。

拍手[0回]

PR
この記事にコメントする
Name
Title
Color
Mail
URL
Comment
Password   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
secret(管理人のみ表示)
カレンダー
最新コメント
[07/20 ソウ@管理人]
[06/03 ソウ@管理人]
[01/21 たまち]
[12/28 ソウ@管理人]
[12/11 ソウ@管理人]
プロフィール
HN:
ソウ
性別:
女性
職業:
看護師
自己紹介:
マイダーリン(ちょっとおバカなだんな)、5歳違いの息子二人(長男坊・次男坊と称す)との4人家族の働く母。
プライベートと仕事のときの人格評価が真っ二つ。
チビでメガネ。
バーコード
ブログ内検索
フリーエリア
カウンター
アクセス解析
忍者アナライズ
Copyright ©  雪月野原日記 All Rights Reserved.
*Material by Pearl Box  * Template by tsukika
忍者ブログ [PR]