忍者ブログ
2008.06.04設置 おバカ家族の脱力な日常
 354 |  353 |  352 |  351 |  350 |  349 |  348 |  347 |  346 |  345 |  343 |
Posted : 2010/10/16 21:41
長男坊の小学校では学芸会でした。
学年全体での演技の学年と、クラス演技をする学年とが交互に行われるのですが、今年はクラス演技の学年。
もちろん学年演技だろうとセリフは一人一人割り当てられるんですが、クラス演技となると主役系はかなり大変。
目立ちたがりの長男坊は臆せずもちろん主役系に立候補。ちゃんとオーデションして役をもらったんだそうな。
そんなわけで、セリフは結構多かったのですが、家で散々練習していたのを聞いていたせいか、私まで覚えてしまったよ…。
全体の演技を見ると、ようやくあのセリフはこういう話につながるのか…とようやく理解できました。
いざ長男坊が出てセリフを言っているのを次男坊とどきどきして見ていましたが、なぜか次男坊は目を覆い隠しながらちら見状態。
何で?と聞いても「だってー」と。どうやらお兄ちゃんがスポットライト浴びてみんなの前でやっているのを見るのは何故だか正視できないようでした。恥ずかしかったんでしょうか。どきどきすると言っていたので、見たいような見ると怖いような、失敗したらどうしようとか、そういう表現できないような気持ちだったんでしょうか。
失敗なく終わってほっとするほうが先で、物語にのめりこむことはできませんでした。そんなものかな…。

残りは次男坊か…。
次男坊のほうは何もかも本当に心配。
やる気とか、人前に出て何かやるとかいうことに対しての積極性とか、長男坊の半分でもあれば…。
なんでもすぐに「無理!」という近頃の子ども、これって全体的なものなの?
少なくともうちの次男坊はやる前から「無理!」とのたまいます…。

拍手[1回]

PR
この記事にコメントする
Name
Title
Color
Mail
URL
Comment
Password   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
secret (管理人しか読むことができません)
Admin / Write / Res
カレンダー
最新コメント
[01/08 ソウ@管理人]
[01/01 ソウ@管理人]
[11/02 ソウ@管理人]
[09/18 ソウ@管理人]
[09/06 ソウ@管理人]
プロフィール
HN:
ソウ
性別:
女性
職業:
看護師
自己紹介:
マイダーリン(ちょっとおバカなだんな)、5歳違いの息子二人(長男坊・次男坊と称す)との4人家族の働く母。
プライベートと仕事のときの人格評価が真っ二つ。
チビでメガネ。
バーコード
ブログ内検索
フリーエリア
カウンター
アクセス解析
忍者アナライズ
Copyright ©  雪月野原日記  All Rights Reserved.
*Material / Template by tsukika  *忍者ブログ [PR]