忍者ブログ

雪月野原日記

2008.06.04設置 おバカ家族の脱力な日常

08/27

Wed

2008

今日はうちの話ではなく、実家の話。
実家は普通の住宅街ですが、田んぼもそこそこあります。
凄く田舎ではないけれど、都会でもない。名古屋までローカル線でも20分もあればつきます。

先日実家の床下がごそごそいうのでネズミかと思ったら、なにやら動物が…。
イタチじゃないの?と聞いたら、違う、と。
開けられていた穴を塞いで様子を見たところ、どうやらアライグマだったらしい。
どうしようもないので市役所に電話したら、あちこちで出没してるとな。
ちょうど実家の目の前に草木の生い茂った屋敷があり、そこが縄張りらしい。
母は市役所に檻を借りました。
そんなもの貸してくれるんだ…。
うちの庭にはスペースがないので、屋敷の人にお話して置かせてもらうことに。
ソーセージ(しかも細いのじゃダメだとかぜいたくなっ)を仕掛けてみたならば、翌日1匹捕獲。
どうやら3匹いたようですが、他はなかなか捕まらない。
そのままアライグマは市役所へ引き取られていきました。
他のアライグマはひっそり移動したのか不明。

なんで住宅街にアライグマ??
市役所の話ではペットを逃がしたかなんかで野生化したのでは?と。
凄く繁殖力強くて、年に2回出産2匹以上らしいので、餌さえあればどんどん増えることに。
しかも賢くてあまり捕まらない。
農作物も食べるし、天敵がいないので、今ではあちこちに見られるらしいです。
かまれると狂犬病の恐れがあるので気をつけるようにと言われたそうです。

生態系が崩れ始めてすでに久しいですが、地球規模でダメになってるよなぁ。
ただ、それも一つの生態系の形なのかもしれないと思います。
だって、もうどう頑張っても昔のようには戻らないし、戻りたくはない。
今すぐ電気止めろとか言われても無理。
上水道止めて川の水なんて飲めないし。
穴に掘った自然のトイレも未開発地域でもなけりゃ勘弁願いたいし。
科学はどんどん進んでいくけれど、人間は増えたり減ったり。
増えりゃ何か病気が流行して淘汰されたりしてますしね。
とりあえず自分が生きている孫子の代までつつがなく過ごしていける環境でありますようにと願うばかりです。
何とかせにゃならんが、どうにもならんだろうなぁ。
これでもプチエコはしてますが、そんなんでどうにかなるならもうとっくにどうにかなってるとは思う。
こんなパソコン使ってて言うセリフじゃないよね。
それに、地球の何十億年のうち、たかが一時的に繁栄誇ってる人間ごときがちっぽけな科学で何とかしようだなんて、悪あがきだろうと実は密かに思っている私です。

拍手[0回]

PR

Comment

お名前
タイトル
E-MAIL
URL
コメント
パスワード

カレンダー

最新コメント

[07/25 ソウ@管理人]
[07/20 ソウ@管理人]
[06/03 ソウ@管理人]
[01/21 たまち]
[12/28 ソウ@管理人]

プロフィール

HN:
ソウ
性別:
女性
職業:
看護師
自己紹介:
マイダーリン(ちょっとおバカなだんな)、5歳違いの息子二人(長男坊・次男坊と称す)との4人家族の働く母。
プライベートと仕事のときの人格評価が真っ二つ。
チビでメガネ。

バーコード

ブログ内検索

フリーエリア

カウンター

アクセス解析

忍者アナライズ

Copyright © 雪月野原日記 : All rights reserved

TemplateDesign by KARMA7

忍者ブログ [PR]