忍者ブログ

雪月野原日記

2008.06.04設置 おバカ家族の脱力な日常

07/16

Mon

2012

熱中症になった…orz

あほな管理人です、こんにちは。
昨日、全国各地で熱中症が相次ぎましたが、そのうちの一人となりました…。
いや、同情してくれと言うわけじゃないです。
このアホ加減を参考に皆さんが熱中症になりませんようにというお触れです。

室内におりましたが、元々暑さには弱い私。
加えて最近ちょっとお疲れ気味だったりしてたわけなんですが、女特有の日でもありまして。
昼までは普通に元気。昼食ももりもり食べました。昼食の用意のときも台所って暑いなーと思いながら換気はしてたんです。ちなみに台所は熱中症になりやすい場所です、ご注意ください。
でもって、昼の後、15時前くらいですかね、一応風も入って来るような室内だったんですが、私の体調がいまいちだったせいか汗もかかなくなりまして、水分とっても全く改善なし。
これはやばいってんで頭を冷やすやつだとか首を冷やすやつだとかで冷やそうと立ち上がると頭痛と動悸。
風は入るけれども室温は上昇中だったので、クーラー入れて横になりました。はい、この時点でまだクーラー入れてなかったんです。
これは本格的にやばいかもと思ってるうちに動けなくなりまして。
気分も悪くなってきて嘔吐。
こうなるとイオン飲料だとかも口にできない状態に。
いまのうちに当直医にでも行ってみようかと思いましたが、マイダーリンはいたって能天気。
意識はあったので、これはもう(マイダーリンは)当てにはできないと、ひたすら冷やして嘔吐しながらも一口ずつイオン飲料を薄めたやつ(こういうとき原液はきついです)を枕元に置いて飲みました。(イオン飲料とかは用意させた。口は動いたのでまだマシだったのかも)
気がつくと寝入っておりました(意識消失じゃなくてよかった…)。
3時間以上苦しみましたが、何とか回復。
嘔吐までしてる私の隣でゴルフ見ながらへらへら笑っていたマイダーリン。
いや、心配はしていたのかもしれないけれど、まさか室内で他の皆が元気なのに熱中症になっているとは思わなかったようで。まあ、そんなものかもね。
気分は本当に最悪でした。
頭痛がおさまらないと思っているうちに手足が脱力して動けないし、だから水分とりにくいし、水分とっても吐き気はするし。
これ、屋外だったり、体育館のような場所だったりしたら本当にやばいかもと思いました。
ちなみに私は意識ありましたし、まだ自分で冷静にこれはやばいと思うくらいの余裕がありましたが、子どもさんや老人の場合は迷わず病院のほうがいいかも。

まだ身体はだるい感じなので、今日もおとなしくします。
来週、屋外で町内行事があるんだけども、大丈夫かな…。

拍手[0回]

PR

Comment

熱中症!

  • ron
  • 2012-07-18 21:51
  • edit
ソウ様こんばんは。
毎日暑い日が続いておりますね。
お隣の町では、39度!という気温で、絶対うちのとこに観測地点があったら、案外一番だったかもと思っています。

熱中症ですか!台所ってあっついですよね。ホント、ごはん作りたくない。
お大事にしてくださいね。
今週のフォーゼは、犬神家のすけきよみたいで怖かったですよ。

ダルダル星人です

  • ソウ 〔管理人〕
  • 2012-07-20 00:18
ronさま、こんばんは。
梅雨明けした途端のこの暑さ、殺人的ですよね。
昔は30度越えるだけでもニュースだったのに…といつの時代だというくらいのネタも持ってるのに。
熱中症になったときって、お腹までゆるくなるんです。
多分脱水とかでバランスが崩れるせいだと思うんですが、お腹の調子も悪くなって、身体もだるくて食欲も落ちて(いや、無理にでも食べましたけど)、今週は散々です。
いや、熱中症って、バカにしちゃいけませんね。運が悪ければ死にますよ、これ。脱力感とか半端じゃないですもん。
フォーゼはまた改めて感想書きます。いよいよふたご座出現ですよね。
お名前
タイトル
E-MAIL
URL
コメント
パスワード

カレンダー

最新コメント

[08/20 ソウ@管理人]
[08/20 ソウ@管理人]
[07/25 ソウ@管理人]
[07/20 ソウ@管理人]
[06/03 ソウ@管理人]

プロフィール

HN:
ソウ
性別:
女性
職業:
看護師
自己紹介:
マイダーリン(ちょっとおバカなだんな)、5歳違いの息子二人(長男坊・次男坊と称す)との4人家族の働く母。
プライベートと仕事のときの人格評価が真っ二つ。
チビでメガネ。

バーコード

ブログ内検索

フリーエリア

カウンター

アクセス解析

忍者アナライズ

Copyright © 雪月野原日記 : All rights reserved

TemplateDesign by KARMA7

忍者ブログ [PR]