忍者ブログ
2008.06.04設置 おバカ家族の脱力な日常
カレンダー
最新コメント
[09/18 ソウ@管理人]
[09/06 ソウ@管理人]
[08/20 ソウ@管理人]
[08/20 ソウ@管理人]
[07/25 ソウ@管理人]
プロフィール
HN:
ソウ
性別:
女性
職業:
看護師
自己紹介:
マイダーリン(ちょっとおバカなだんな)、5歳違いの息子二人(長男坊・次男坊と称す)との4人家族の働く母。
プライベートと仕事のときの人格評価が真っ二つ。
チビでメガネ。
バーコード
ブログ内検索
フリーエリア
カウンター
アクセス解析
忍者アナライズ
[479]  [478]  [477]  [476]  [475]  [474]  [473]  [472]  [471]  [470]  [469
今日はマイダーリンと香嵐渓に行ってまいりました。
県内における多分最も有名な紅葉の観光地ではないかと思われますが、ここに前回行ったのは結婚前のはるか10年以上前のこと。
たまたま休みが合ったのがこの日だったので、よし行くぞとなったものの、上着がいるくらい寒くなったのはここ二日ほどのことでしたし、半ばにならないと早いかなとは思いましたが、本当に早すぎた…orz

P1000135_convert_20111110001929.jpg

こんな感じでまだ緑。
わかってるよ、わかってたさ。かつて毎年のように行ったことあるから。
でもとりあえず行ったからには食べなくては。←違う
ソーセージは外せないわね、うん。
みたらしを食べるか五平餅にすべきか。
中華のあの店もあったので、私は水餃子を食べました。300円なら納得のおなか膨れ具合です。
マイダーリンの食べた刀削麺は辛くておいしいのですが、量は少ないかも。水餃子の倍するのになー。
土産は漬物もね。
ソーセージも買ってしまったし、紅葉揚げ(もみじの葉が揚げてあるお菓子。そんなにうまくはないが私は好き)も買ったし、鮎の塩焼きに松茸ご飯に…どんだけ食うんかいと突っ込まれたそこのあなた、私は観光地のどこにでもあるのに何故そこで食う?というものが大好きです。←どうでもいい

お昼過ぎには退散して、そのままなぜかマイダーリン希望でドンキホーテへ。
いつも行くと入り口がどこだか、出口がどこだかわからなくなります。←ただのあほ?
基本は他よりも広めの通路を行くのが正解ですが、ほとんど行かない私にとって、ここで火事にあいたくはないっと心底思う(店内から迷わず逃げ切る自信がない)。
うろうろしているうちにいつも出口を見失うのでありました。
マイダーリン目的のものは見つからず、私はあてもなくふらふらさ迷い歩き、やっぱり前回来たとき同様よくわからないまま帰ることになりました。
坂道や階段を上り下りした香嵐渓より疲れるのはなぜ…。
そんな休日でありました。

拍手[1回]

PR
Comment
name 
title 
color 
mail 
URL
comment 
pass    Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
紅葉きれいでしたよ。
ソウ様こんばんは。
先日の日曜日、長野へ日帰り旅行に行ってきました。知り合いの方のグループに混ぜて頂きました。
海野宿という宿場町や、懐古園、上田城祉など行ってきました。といっても、歴史に詳しくない私は、へぇーとかほーとか。
でも、紅葉がとってもキレイでした。小雨が降っていましたが、山に雲がかかっていたり幻想的でした。上田城のお土産屋さんは、戦国BASARAの真田幸村でいっぱいでした。さほど好きでもないのに、なぜがテンションが上がってしまうのはなぜ?
戦国武将のストラップなんぞも買ってしまったら、息子は俺はつけないよ。いいもん、私がつけるから。
でも、歴史に詳しくなったら面白いんだろうなと思い、歴史の本でも読んでみたくなりました。
ron 2011/11/10(Thu)23:04:35 編集
いいですね~
ronさま、こんばんは。
長野の宿場町というと、私は妻籠馬籠くらいしか行ったことありませんが、お城とかは好きなのでほぉ~という感じです(ちなみに私も詳しくない)。
行ってらっしゃったところはもう紅葉していたんですね。
今ふと思いましたが、桜は南からだけど、紅葉は北から…でしたっけ?そうなると、結構温かいとされる東海なんてまだと言うのもうなずけます。

戦国ブームですものね。
戦国BASARAはさわりだけ知ってますが、武将がかっこよすぎて別人です(笑)。いや、ゲームだからそういうものですけどね。
私も地元が同じように戦国武将隊が揃っているので、最近妙に詳しくなりました。
時代小説も読み出して、面白いなと思ってるところです。
2011/11/11 16:12
<< フォーゼ10話目  | HOME |  祭りの後 >>
Graphics by Lame Tea / Designed by ちょろまか気分屋情報 忍者ブログ [PR]