忍者ブログ
2008.06.04設置 おバカ家族の脱力な日常
カレンダー
最新コメント
[09/18 ソウ@管理人]
[09/06 ソウ@管理人]
[08/20 ソウ@管理人]
[08/20 ソウ@管理人]
[07/25 ソウ@管理人]
プロフィール
HN:
ソウ
性別:
女性
職業:
看護師
自己紹介:
マイダーリン(ちょっとおバカなだんな)、5歳違いの息子二人(長男坊・次男坊と称す)との4人家族の働く母。
プライベートと仕事のときの人格評価が真っ二つ。
チビでメガネ。
バーコード
ブログ内検索
フリーエリア
カウンター
アクセス解析
忍者アナライズ
[1]  [2]  [3]  [4]  [5
予告見たときから見に行こうと思っていましたが、思わぬマイダーリンの週末休業のため、一緒に見に行くことに。
映画館は同じようなやつの集まりでした(笑)。
でも、できていた行列の正体は、「20世紀少年」が封切られたばかりで、どちらかと言うとそちらのほうばかりだったようです。

では、ネタバレも含まれますので、感想読んでもいいという方は続きをどうぞ。

拍手[0回]

PR
急に仕事が休みになったので一人で朝一番に映画館へ。
ところで最近の映画代は高くなったけど、以前に比べたら平日はいろいろサービスデーやサービス料金があって、正規料金ではとても行く気がしませんね。
というか、サービス料金がほぼ毎日あるなら、正規の料金っていったい…と思う私でありました。
ちなみに私が行くのはいつもマイダーリンの仕事場の前売りチケットか、平日ファーストショーかレディースデーを利用します。これだと1200円か1000円で済みますからね。

あっと、先日のマンガバトンで訂正。
3つ目の『花咲ける青少年』の嫌いな登場人物、名前はブリジットだよと。名前の方は寝る前に思い出しましたが、嫌いだったんでどうでもいいかなと(爆)。
おまけにおじさんの愛人じゃなくて奥さんだった(笑)。立人の愛人だと言うのが印象に残っていたせいですね。いい加減ですみません。
Sちゃん、ありがとう、そしてお久しぶり!!また手紙出すからね!

では、「ハンサム・スーツ」の感想をちょっと読みたいなと思われた方は、続きをポチッとな。

拍手[0回]

今年は神社係なので、もうすぐ近くの神社である祭礼の準備に土日に出かけております。
昨日は雨の中、祭礼費集めに各家庭を回らねばならず、朝も早くから行ってきました。
戸建ては大丈夫だけど、さすがにアパートは部屋にいても出てこない。
いや、わかりますよ。
明らかに怪しいし、祭りなんかいかねーから放っといてくれという感じですよね。
でも、部屋の中で動きがあるのに、無視されるのも悲しいです。
疲れた~。
また来週も集まりがあるんだぜ。

今日は「イーグル・アイ」を見てきました。
これはマイダーリンの趣味。
11月に入ったら「ハンサム・スーツ」行こうとか言ってたけど。
「レッド・クリフ」見たいとか言っていたけど、絶対マイダーリンは理解できないから止めておけと忠告。
三国志すら知らないやつが理解できるのか疑問です。諸葛孔明すら知らないんだよ?無理だって。
そんなおばかなマイダーリンと見に行くと、マイダーリンの趣味の番の時にはだいたいがアクション。
というわけで、ネタバレとまでいかないけど、少しだけあらすじを…。
読んでも大丈夫という方だけ続きをポチッとな。

拍手[0回]

タイトルどおり、シネプレックスへ見に行ってきました。
いつもはコロナ系に行くのですが、時間が遅かったので場所を変えてみました。
以前は一つも映画館なかったのに(全部廃館になった、らしい)、ここのところ次々できてます。
そんなことはともかく、医療用語がバリバリ入ってるこのPCで打つと容疑者Xの健診と出てしまう。
…すごく健全だよね(笑)。どんな話だよ。容疑者が健診を受けに行くのか?
健診結果に何か秘密が?!健診結果の誤診の疑惑に湯川が挑む!病院を揺るがす愛とサスペンス…。
(注:そんな話は当然ありません)

えーと、そうですね、映画の話ですね。
いや、ネタバレはまずいでしょ。だから、あたりさわりのないことだけ。
それに原作読んでる方多そうですよね。もちろん私も読んでますが。
最後のほうは、皆結構泣いてました。
結末を知ってるから何だけど、それでも私もウルッときました。
どうでもいいけど、福山雅治がかっこいいなぁとか思いながら見てました。
あの数式だとか、めがねの上げ具合がないのは、一番地味で原作に近い湯川助教授(あえて準教授と言わないけど)のような気がします。
堤さんもあんな地味な役やって大丈夫かと思いましたが、やっぱりうまかったです。安心しました。
変に内海との恋愛がらみがなくてよかったです。なりそうでならない関係が一番好きさ。
内容については原作読めば、まあわかるということで割愛。

予告見てちょっと気になったのは「ハンサム・スーツ」。
地味に笑えそうです。コメディ見たい。
谷原さんのあのコミカルさ、凄く気になる。
また見に行こうかしら。

ちなみにマイダーリンと行ってきたのですが、マイダーリンは福山のファンです(だから何)。
似ても似つかないけど。
人間自分にないものをほしがる生き物なんだよ…。
帰りは子どもの秋服買い足して(うちも西松屋ご用達さ、安いから)、バイキングのお店(同じ建物内にみんなあるのよ)で食べ過ぎて帰ってきました。…うっぷ。
たいしておいしくもないのについ元を取ろうとしてしまう貧乏人でありました。

拍手[0回]

<< 前のページ  | HOME | 
Graphics by Lame Tea / Designed by ちょろまか気分屋情報 忍者ブログ [PR]