忍者ブログ
Admin / Write / Res
2008.06.04設置 おバカ家族の脱力な日常
<< 06   2017/07   1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31     08 >>
[1]  [2]  [3]  [4]  [5]  [6]  [7]  [8]  [9]  [10
ただいま運動会参加中。
とにかく暑い……。
家に帰る頃には干上がりそうです。
帰宅して余裕があれば続き書きます。



拍手[3回]

PR
先日、長男坊首捻挫事件で美容院を断念したわけですが、ようやく行ってまいりました。
3月も4月も平日休みがほとんどなくて、行く機会を逃しておりましたら、肩下まで伸びておりました。
多くて硬くてくせ毛で結構苦労させられる私の髪の毛ですが、手入れを怠ると爆発状態になります。
うねうねです。
ヘアアイロンなどで伸ばして何とか下向いてるかなーというくらいの髪です。
バッサリ切りました。
うなじも見えるくらいみじかーく。
全くのショートというわけではないのですが、ちょいと失敗した場所が…。
前髪短すぎた…orz
すぐ伸びるから短くしてくれと言ったし、正直そう変でもない、と思う。
思うが、あれだ。
CM見てたら、マイダーリンにこれだ!と言われました。

くるっくるっク○ラップ~。

おかっぱの似合う女の子に応募できるんじゃね?みたいな…。

おまけに立っていたので、しみじみと「ちっさいなー」言われました。
「よーしよし、ちっさい、ちっさい。高い高いしてやろうか~」とか。
今さらだよっ!
どうせ私の身長は小学校六年生程度だよ!
これからどんどん縮むんだぜ。
先日の母の日に外でお義母さんに会ったから走って追いかけたのに、声をかけても全然気づいてくれなくて、言われたセリフが「どこの子どもが走ってくるかと思ったわ~」とな。
いや、マジで気づいていなかったっすよね。
帽子かぶっていつもとちょっと違う格好していたからか。
声かけた場所も悪かったか(公園の前)。
ちなみにマイダーリン大爆笑…笑ってるくらいならあんたが声かけろよ。

そう言えば髪を切るたびに座敷童とか言われたね…。
幸せがきっとやってくるぜっ!



拍手[1回]

連休も終わってちょっとホッとしている私です。
結局長男坊は毎日部活、時々試合というスケジュールで、早起きだの弁当だのと何ら変わらない日常でございました。
じじばばが来たり、夏物の服を買いに出かけたりはしましたが、結局長男坊の服と野球道具ばかりを購入。大きくなるのはいいけれど、ワンシーズンで総取り換えなので、たまらん金額…。
次男坊は連休の合間の遠足で、首から上をかぶれて帰ってきました。どこか草むらに入り込んだんだろうけれど、なぜ連休前に…。病院休みじゃんよー。せっせと薬塗っていますが、まだ残ってます。

そんなバカ息子たちの語録。
自動地獄(自業自得の間違いと思われる):悪いことをすると自動的に地獄に送られる…次男坊作。なんとなく意味が通じるところが笑える。
天地想像(天地創造):天国と地獄は想像の産物…長男坊作。気持ちはわからんでもない。
四面ロッカー(多分四面楚歌):四面全てがロッカーに囲まれて出られない…ここまで来ると元の言葉もわからないのに、解釈は通ずるものがある。



拍手[2回]

久々の平日休みだったわけですよ、昨日。
映画観たいなーとか髪も切らないとなーとか掃除や草取りもしちゃおっかなーとかこれでもいろいろ考えていたわけですよ。
それなのに、朝一番の不吉な電話。
携帯には滅多に電話来ないので、恐る恐る手に取れば、中学校からでした。

体育で首ひねって痛くて動けないから迎えに来て病院へ連れて行ってください、とな。

…おい、このバカ息子!と思ったね。
心配するより前に思わず何やった?と思ってしまうバカ息子を持った悲しい母のサガ。
迎えに行ってみれば、保健室のベッドの上で氷嚢乗せて寝ている長男坊。
体育のマット運動の後転で手を使わずに(何故?)回る過程で首に余計な力が入ってうんぬんかんぬん…。
いや、その手を使わずにっていうところ、なんなんすか。
手を使わずに後転って回れるものなんですか。
手の大事さをうんぬんかんぬん…。
いや、つまり、長男坊は失敗したあほだっつーことですね。
その後、長男坊が首をひねったために速攻でそのやり方はお蔵入りになったわけですが、痛くて上を向けないので授業は受けられないだろうとそのまま整形外科に連れていくことになりました。
骨には異常はないだろうと思いつつ、異常がないことを確認しておかないと、脊椎関係は後で困るので。痛みも長引くだろうなぁという予測。
ちなみに整形外科と言えば、初診は二時間待ち必死。
午前はつぶれたな…と思いながら本などの暇つぶしグッズは持っていきました。
結果は首の捻挫。うん、妥当なところだね。
まあ骨に異常がないだけよかったよ。
痛み止めに湿布を処方してもらって帰宅しました。当然昼すぎてます。
子どもの昼ご飯は想定していなかったので、急遽用意することに。いや、自分の分だけならご飯に味噌汁昨日のおかず、でも構わない。もう全然ましな方。
なのに、奴は成長期。
弁当を買いに行く羽目に。
ていうか、午前中は結局何もしていないのに(朝練と体育の授業でおしまい)、そんなにあほみたいに食うんじゃねーよと思いつつ。
そんなこんなで昼も過ぎた頃には次男坊帰宅。
木曜日は午後仕事ない日なので、学童なしで帰宅です。
そのままスイミングにも行かなければならず、何もできないまま休日終了、チーン。
さようなら、私の平日休み~。また逢う日まで~。

ちなみにその日の夜、ちゃんと体育の先生と養護の先生と担任の先生から大丈夫ですかコールがありました。授業中のけがですからね、申し訳ないっす。
でも、後転で手を使わないなんていう無謀なことはやめてくださいませ。
全治一週間、イタイ授業料でしたな。

拍手[3回]

世の中、いろいろな先生がいるものです。
たいていの教職の方々は、それはもう本当に身を削る思いで児童生徒を見てくださっているのだろうと思います。うちのようなトンデモ息子たちなんて特に恩恵いただいております。無邪気に無軌道にふるまう天然息子たちは、成長過程においてかなりいいフォローをしていただきました。低学年のうちにいい先生にあたったと思っております。あててもらったのかも、だけど。
保護者が、ん?と思うような先生は、すでに四月の今の時点で生徒たちにも不評なようで。
長男坊の隣のクラスはすでに学級崩壊気味だとか。えー、もう?みたいな。
家庭訪問の時間の不正確さ(もちろん移動するわけですから多少の遅れも許すとはいえ、40分も遅れれば連絡の一つもほしくなりますわな)、保護者と話すときに目を合わせず下を向いてぼそぼそ話すとか(…えーと、恥ずかしいわけでも、対人できないとかそういうわけではないんですよね?)、学級運営にやる気が見られないとか。
そんな話を漏れ聞くと、うちの担任じゃなくて良かったと思う一方で、こういう子ども独特の勘と保護者としてのなんだか頼りないという見た目とか感じ方とかは案外馬鹿に出来ないと思うのです。だって、最初の生徒と保護者との接触の四月でこれって、どうなのよ。
先生も疲れてるんだろう。そりゃ疲れるよ、一筋縄でいかない生徒に保護者だもんね。
でも噂って無尽蔵に回るのよ。
…気張ってくれ、先生。


次男坊の一人遊び
ある日急に私に向かって「○○(長男坊の通っている塾の名前)スラッシュ!勉強、勉強、勉強!」とおもちゃの剣を振り回してきたので、「赤点ビーム!」と返したら、「う、やるな、怪人せいせきわるい」ときたもんだ。いつの間にか怪人にされた母。言っておくが成績悪いのは長男坊だぞ。
「ヤマはずれフラッシュ」「くらえ、一夜漬けキック」「捨て教科ひとけたアタック!」とか、お互いそのうちノリノリになってきて最後は「必殺、奇跡の高得点!」とやっつけられました。
…奇跡なんだ、高得点…(笑)。
そしてすごく不本意な顔の長男坊。「奇跡じゃねぇし、実力でとるし」とか。本当か?
いや、それよりもやけにテスト用語に詳しかった次男坊、おそるべし…。

拍手[2回]

またもや久々に。
元気ですかっ。
私はなんだか知らないがスケジュール満載のお仕事をこなしておりました。
四月は初っ端から家庭訪問だの授業参観とPTA総会なんかがあるんですよ(まだ全部終わってないけれど)。
長男坊は中二に、次男坊は小三になりました。
なんだか周りの今まで知っていた子とかがいつの間にか不登校になっていたりして、ショックを受けた春でございます。そう言えば最近見かけなかったなーとか今思えばわかることもあるのですが、難しいよね。

それはそうと、今日は地元の春の祭りに出かけました。
なんとなくどんどん曇ってきたけれど、一応雨予報ではなかったんだよね。
でも念のため、折り畳み傘を持っていきました。
…うん、見事に雨降ったよ。
めっちゃ寒かったよ。
でもくじだけは今年まともなものが当たりました。
次男坊は結構ひきの強い子で、次男坊が引くとかなり当たりの確率が上がります。
買いたいもの買ってさっさと退散することに。
いつだったか、二年前くらいか、この祭りに出かけて春の嵐でひどい目に遭ったこともあったね…。
今日のほうがましというもんだよ。
来年も行く予定だけど、毎年雨は嫌だなー。
まさかな。
…まさか、な。

拍手[2回]

ここを読んでくださっている人がどれだけいるのか知りませんが、とりあえずお久しぶりです。
前回の長男坊のインフルエンザはきっちり五日間休んでちょうど修了式に間に合いました。
それに付き合う羽目になった私は、怒涛のように仕事して(当然だ)、お台場ガンダム見る旅に出ておりました。
おたくらしい旅先であろう。
そもそもフィギアだのプラモデルだのを山ほど持っているのはマイダーリン。
お台場に行きたかった長男坊。
どこでもいい私と次男坊。
行ったさ、お台場。

何で関東だけ雨なんだーーーーー!

東海は雨も上がって良い天気になりそうなその日、向かう関東は雨。
ちょっとした小雨かと思いきや、関東着いた途端に降ってやがる。見事に降ってる。しかも海側で風もあるよ。
家族からの

「さすがお母さん、外さないね」

の言葉に私のせいじゃないやい!といつものお決まりのセリフ。
…ただの偶然だ、多分。
旅に出ると一日は必ず雨が降る私。
そんなの偶然に決まってる。
台風来たり、近年にないくらいの嵐だったり、どしゃ降りに雷雨とか、そんなのもあったね…。
ちなみに海外でも滅多に雨降らないとかいうロサンゼルスでも降ったなぁ。ガイドに珍しいですとか言われても、全く降らねーわけじゃあるまいし(実際行ったときは4月中旬ですが、ロサンゼルスだけでなく、ラスベガスでも雨の後の強風でショー中止とか、凍えるような寒さで珍しいですとか言われたけど、寒すぎて防寒着買う羽目に。いくら砂漠気候でもこれはないだろ、みたいな)、とか思っていたんだけどね。

まあ、そんなわけで雨降っていたので空いてました。
雨だし、寒いし、いやー歩き回れなかったです。
他にもいろいろ行ったけれども、疲れたので気が向いたら、また。
大量の洗濯物がいや~んな旅行帰りでした。


拍手[2回]

長男坊が朝から頭が痛いだの関節が痛いだのと言い出して、熱も少しずつ上昇。
…インフですか。

でもまだ時間が早かったので検査はせず午後まで様子見。
夕方、満を持して検査すると、インフルエンザB型でした。
十代なのでタミフルの選択はなく(現在厚労省からのお達しで十代にタミフルは処方控えます)、リレンザかイナビル(うちの診療所の選択肢)。
喘息持ちなので、イナビルで一気吸いよりはリレンザにしようということになりました。

イナビルは一日投薬で終わります(うちのお抱え薬局では指導しながらその場で吸ってもらう)が、これも吸入薬なのでうまく吸えない患者さんにはうちの診療所ではタミフルやリレンザにしています。
リレンザも吸入薬ですが、こちらはタミフルと同じく五日間投与。
喘息というのは気道が狭くなるので、吸入薬がうまく吸えないことも考えられるのです。
ほかに点滴薬もありますが、うちの診療所ではほとんど使用しません。
もちろん薬を使わない、という選択肢もありますが、うちは使うよ。使った方が楽だもの(笑)。

そんなわけで、発症から二日間、熱の下がるまでは特に一人にしてはいけませんというお達しもあるので私も仕事お休みになりました。
タミフル投与で異常行動が出たとかなり話題になりましたが、タミフルを使おうが使わなかろうが異常行動は出ることがあります。高熱によるものかインフルエンザウイルスによるものなのかはっきりしませんが、出るかもしれないとわかっているものは避けた方がよかろうというお達しですね。なのでインフルエンザの時の子どもは要注意なのです。
異常行動や脳症発症は日本人ばかりと言われていますが、本当かね。
その辺の研究、進んでいないのかな。

願わくば、次男坊にうつらないでくれ!というところですね。

それから、お仕事を持つ人がインフルエンザにかかるとイライラもしましょうが、口を酸っぱくして言うのは、たとえ熱が下がっても五日間は外に出ず、人と接触するな、ということです。
たまにいるんだ、熱が下がったらいいと思うたわけ者。そういうおまえの行動がインフルエンザを広めるんだいうことを肝に銘じやがれ、ということですね。
おっと、口が悪うございました。
今でこそインフルエンザは検査もでき、特効薬も使えますが、一昔前は死んでもおかしくないくらいの病気だったんですよ。今だって亡くなる方は大勢います。
だから、お身体大事にしてください。
医療者からの切なる願いです。

拍手[2回]

そろそろ冬のオリンピックも終わりですが、最近はフィギアをはじめ、スノボーもスキーもそれぞれメダル獲得で盛り上がりました。
そんな中、仕事をしていると、妙に血圧の上がっている患者さんを発見します。
「いやー、オリンピック見ちゃてさ~」
…見るのは自由ですが、寝不足による高血圧で乱降下です。
しかもただいま肺炎で治療中の方も夜中から明け方のフィギア女子を見ていて、咳などが悪化しておりました。
あーのーねー…。
そりゃ私も見てたりしたけどさ、体を労わらなければならない時期にそういうことをしていてはいけませんと医療者側としては説教モードに。

浅田選手の映像見ていたら、SPはあまりの悲しさに朝方から思わず悲鳴を上げ、FPは一人でボロボロ泣いてしまいました。
年取るとすぐ泣けるというのはこれかもしれない(笑)。
同じく代表の鈴木選手も村上選手ももちろん目一杯応援していたけれど、それでもあの悲痛な顔が忘れられず、頼むから悔いなく滑ってくれと思いましたもの。
いろんな選手が期待されて、メダルが取れずに後悔することはあるだろうけれど、代表として出ていけるその努力と練習は貶さないでほしい。
そりゃメダルが取れたほうが嬉しいに決まっているけれど、税金がどうのと言うのはどうなんだろう。
むしろメダル取れたらもっと金銭面で優遇されるとなれば、もっと活躍しようという一つの目標になるかもしれない。貧乏人だって才能のある人がいるはずだ!
いくらスポーツ精神とか言ったって、お金はかかる。
誰がそのお金払ってくれるかと言えば、本人だったり家族だったりスポンサーだったり。
国として金銭面でのサポートがしょぼすぎるんじゃないかと思っている私です。
そんなにメダルが欲しいなら、金もくれと言ってやれ。

拍手[2回]

雪降るかもねーと言って、ソチ五輪フィギアの途中で眠くなり、夢も見ずに寝て起きたら、一面雪景色でありました。
…ちょ、これ、車出せない。
マイダーリンの車が滑って私の車を邪魔するのです。
粉雪とかならなんとなく風情もありましょうが、わさわさ降る雪に情緒もへったくれもない。
これ以上、降るな、積もるな!
仕事開始1時間前、意を決して徒歩で行くことに。
たかが4キロ。いける、いける。
でもちょっとだけバス待ってみようかな~。
…来ません。←当たり前
雪をサクサク踏みしめて、怒りに任せてかなりのスピードで歩いたら、40分で職場に到着。
車だと20分なので、なかなかのスピード。
もちろん同じように歩く人多数。バス来ないもんね。(私の職場は駅前)
しかも大渋滞になってます。そりゃバス来ねーわ。
帰りはバスで帰宅。
ただいまみぞれ。
例のごとく道はべしゃべしゃです。レインブーツ履いていてよかった。
どうでもいいけど、パトラッシュ、疲れたよ…。
とっても眠いんだ…。
午後の仕事なくてよかった。本当によかった。

拍手[1回]

カレンダー
最新コメント
[07/20 ソウ@管理人]
[06/03 ソウ@管理人]
[01/21 たまち]
[12/28 ソウ@管理人]
[12/11 ソウ@管理人]
プロフィール
HN:
ソウ
性別:
女性
職業:
看護師
自己紹介:
マイダーリン(ちょっとおバカなだんな)、5歳違いの息子二人(長男坊・次男坊と称す)との4人家族の働く母。
プライベートと仕事のときの人格評価が真っ二つ。
チビでメガネ。
バーコード
ブログ内検索
フリーエリア
カウンター
アクセス解析
忍者アナライズ
Copyright ©  雪月野原日記 All Rights Reserved.
*Material by Pearl Box  * Template by tsukika
忍者ブログ [PR]